ここから本文です

介護(福祉)の職につくには資格(社会福祉士、介護福祉士など)が必要になったと...

bos********さん

2013/9/2900:14:27

介護(福祉)の職につくには資格(社会福祉士、介護福祉士など)が必要になったと聞いたのですが本当でしょうか?

「介護法でそうなったときいたのですが・・・・」

補足3年(2016年)ぐらいで資格がないと介護職につけなくなるでしょうか?

あと介護福祉士の受験資格に実務者研修が必要になるということは仕事しながらは無理なのでしょうか?

閲覧数:
212
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yo_********さん

編集あり2013/9/3005:46:24

現在のところ、まだそうのような事には至っていません。
今後、介護分野で仕事をする際は、介護福祉士の資格が必要最低限の資格にしたいという方向で話が向いているだけです。
介護初任者研修(旧ヘルパー2級)もいずれ廃止したい考えがあり、介護福祉士がないと介護福祉事業所で勤務できない状況になるような方向で、現在検討されているようです。

平成27年度の介護福祉士の受験から、従業期間3年以上・従事日数540日以上の実務経験のみで良かった受験資格にプラスして、実務者講習の受講が義務付けられます。
介護初任者研修(旧ヘルパー2級)取得者は320時間、無資格者は450時間の受講時間が設けられました。
実務経験プラス実務者講習の受講修了で、介護福祉士の受験資格が与えられるのです。

平成28年度からは、ケアマネの試験は福祉・医療・看護系の国家資格がないと受験資格が与えられなくなるようです。
今までは実務経験があれば受験資格になったものが、今後は国家資格取得者でなければ受験できない方向で話は進んでいます。

介護の分野に限らず、専門性を求めていくようになるようです。
介護業界は、誰でも勤められる時代は終わるようです。
やる気や思いがあれば、介護の仕事が出来ていたものが資格社会になり奪われようとしています。
寂しい話です。

社会福祉士に関してですが、介護の職というよりは相談業務を行う者という考えではないかと思います。
この場合、社会福祉士は意味が違うかも知れません。

(補足です)
2016年という事は、平成27年度の件についてになるので、先に記載した介護福祉士の受験資格の件についての事ですので、今の段階では資格がないと介護の仕事ができないという事ではありません。
実務者研修については、介護職員初任者研修を取得しているのであれば320時間、無資格者ならば450時間の受講を修了しなければなりません。
実務者講習については実務経験の期間中にでも受講できる為、実務経験がクリアしていなくても問題がないです。
この問題に対しては、働きながらでなければ受講できないような人が多いようなので、職場と話し合いをし時間的な融通を付けて貰わなければなりません。
お分かり頂けたでしょうか?

質問した人からのコメント

2013/10/6 02:02:23

降参 大変参考になりました。ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる