ここから本文です

定時で帰れないのが普通ってなったら、じゃあいったい定時ってなんなんだ? ...

jbm********さん

2013/10/600:51:19

定時で帰れないのが普通ってなったら、じゃあいったい定時ってなんなんだ?


今日、定時に上がっていいですかと聞いたら「勘違いしないでほしいんだけど、定時に上がるのが普通ではないよ」

と言われてポカーンでした。続きを聞くと、指示があったら残ってもらう事もあるとか何とか。そらそうだけど、私は定時になっても指示なんかされてない。
「指示があったら帰りませんが無いので帰っていいのか聞いたんです」と思わず返してしまった。

だいたい、指示があるならギリギリに言ってもいいって考えを改めてほしい。というか残業しなきゃならない指示の出し方を普通だと思わないでほしい。

事前に言われていた仕事が終わらなくて残業なら分かる。それは仕方が無いし、自分の落ち度だ。
でも残業あり気で支持を出すのは理解不能。

こんな私は間違ってますか?

閲覧数:
3,733
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

put********さん

2013/10/608:40:30

その会社に居ても、将来像は描けないでしょう。居るだけ無駄な時間を費消してしまいます。
人生は、そんなに長くないです。少しでも人間らしい生活を営めるように、探求をすべきです。
定時のない会社に未来はないです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nyo********さん

2013/10/611:38:48

間違ってないぞ。
間違ってはないが、世の中おうおうにしてそれでは正しくないと
言われるのがよくある話し。
渋々納得しなさい。
でも間違ってはないぞ。
俺もよくある。

kas********さん

2013/10/610:19:18

会社によって違うのかもしれませんが、残業とはそもそも上司の指示によってするもので、なおかつ本人の了承も必要だったのでは。よって、上司の言い方も大体正しいのですが、本人の了承が必要という点が抜けている気がします。社内規定を一度確認してみてください。まあ実際問題としては、多少の残業をして仕事を進めて、残業代をもらうということが多そうです。

2013/10/608:40:51

間違っていません。
労働者は、会社に時間を単位として労務を提供し、対価を得ているのですから、定時で帰るのは当たり前です。残業を全否定するわけではありませんが、節度をもってさせなければなりません。
労働契約法第3条第3項には「労働契約は、労働者及び使用者が仕事と生活の調和にも配慮しつつ締結し、又は変更すべきものとする。」とあります。私生活を犠牲にして滅私奉公せよという考えは、労働法の精神にも反します。
また、残業が常態化しているなら、それは会社の方が異常なのです。
労働力不足が慢性的に不足しているのなら補充しなければなりません。それでは採算がとれないのなら、その会社はすでに事実上破綻していることになります。
従業員の犠牲の上で破綻が先延ばしになっているのならこれは本末転倒な話であり、経営者は無能・無責任の誹りを受けても仕方がありません。

dis********さん

2013/10/606:57:01

「残業しなきゃならない指示の出し方」をするその会社の中では、
あなたの考え方は間違っていますし、通用しません。
会社には、その会社なりの慣習というものがあるからです。
「郷に入りては郷に従え」という諺の通りです。
そういう会社の慣習に合わない人は、会社を去るしかありませんし、
合わせられない人は、いずれ辞めさせられます。
残念ながら、それが日本企業の実態です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる