ここから本文です

「しばらくするうちに」を使うことはありますが、「しばらくしないうちに」という...

wac********さん

2013/10/1000:56:10

「しばらくするうちに」を使うことはありますが、「しばらくしないうちに」という表現も見かけることに気づきました。「しばらくするうちに」は時間的に長く「しばらくしないうちに」は短い。それによって

補足質問が途中になって済みませんでした。
知人が使っていた「しばらくしないうちに」、検索でも76000以上ヒットします。そのため疑問に思い、質問しました。

閲覧数:
826
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/10/1007:07:49

「しばらくしない」なんて日本語はありません。誰が、どこで、あなたのお目に止めさせたのでしょう?

しばらくとは「少しの時間」のことです。その少しの時間も経たないという意味でしたら、「たちどころに」という言葉があります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yok********さん

2013/10/1014:55:45

「しばらく○○する間に」

「しばらく○○しない間に」

という言い方はあります。

しかし、○○を抜いた言い方は本来なかったのですが、最近され始めているようです。

「しばらく」の意味は、

1.少しの間

2.やや長い時間が経過したさま

と、長短、どっちなのか、実際の使用場面で、うまく使い分けができているようです。

そこで、

「しばらくして」

「しばらくすれば」

という言い方は、万人に通用していますが、

「しばらくするうちに」

「しばらくしないうちに」

が、市民権を得るのは、しばらくはかかるでしょうか。

今までのところは、

「サイダーをガラスコップに注ぎ、しばらく眺めている間に、泡は消えました。」

「まあ、Aちゃん、すごい! しばらく見ぬ間に、随分と背が伸びたわねぇ。」

のような使い方をするのが、普通でしょう。

編集あり2013/10/1020:16:23

プロイセンに仕官してからしばらくしないうちに、シューレンブルクはフリードリヒ・ヴィルヘルム1世の信任を受けて行政や外交にも〜

しばら‐く【▽暫く/×姑く/須=臾】
[副](スル)
1 すぐではないが、あまり時間がかからないさま。少しの間。しばし。「―お待ちください」「―して主人が現れた」
2 時間的にある程度長く続くさま。当分。「好天は―続くだろう」「―当地に滞在する」



1の〈少しの間〉という意味で〈しばらく〉を用いるときは〈しばらくするうちに〉

2の〈ある程度長く続くさま〉の意味で〈しばらく〉を用いた場合は〈しばらくしないうちに〉

となります。

表現は相対的なものですから、どちらが長いか短いかは、言えません。

yoku_shiri_taiさん、古語でも「しばらくせぬまに」は使用頻度の高い表現です。むしろ、「しばらくしないうちに」のほうが、日本語らしい日本語とさえ言えるのですよ。

vis********さん

2013/10/1011:59:20

「しばらくするうちに」が正しいのはたしかです。
「しばらうしないうちに」は、他の表現との混同でしょう。「10分もしないうちに(すぐ戻ってきて)」など。この場合は、10分など、ある時間を表す数字が必要になります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる