ここから本文です

税理士について 公認会計士や弁護士が無試験で税理士になれるって制度をどう思...

cro********さん

2013/10/1214:29:53

税理士について

公認会計士や弁護士が無試験で税理士になれるって制度をどう思いますか?

私は反対です。

そもそも弁護士と税理士は、全く仕事内容が異なりますし、わざわざ変更したい

何て思う弁護士は圧倒的に少ないと思います。

公認会計士も試験そのものは会計学がメインになるわけですから、税理士申請するならば、簿財はともかく、税法科目を一部受験すべきと考えます。
また、この制度がある以上、世間では会計士試験の方が圧倒的に難しいという誤解がある気がします。

補足なるほど。私の感覚では、会計士試験の財務会計・管理会計が、大学受験における英語みたいなものだと思っていたのですが、租税法も範囲が広くて難しいんですね。会計士試験は勿論最難関、税理士試験は一応難関の認識でしたが、せいぜい中堅位っていう認識の人もいるようだったので(笑)

閲覧数:
2,351
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

moz********さん

編集あり2013/10/1412:19:00

ここで問題にしているのは、税理士法第3条の次の規定です。

(税理士の資格)
第三条 次の各号の一に該当する者は、税理士となる資格を有する。ただし、第一号又は第二号に該当する者については、租税に関する事務又は会計に関する事務で政令で定めるものに従事した期間が通算して二年以上あることを必要とする。
一 税理士試験に合格した者
二 第六条に定める試験科目の全部について、第七条又は第八条の規定により税理士試験を免除された者
三 弁護士(弁護士となる資格を有する者を含む。)
四 公認会計士(公認会計士となる資格を有する者を含む。)
2 公認会計士法(昭和二十三年法律第百三号)第十六条の二第一項の規定により同法第二条に規定する業務を行うことができる者は、この法律の規定の適用については、公認会計士とみなす。

税理士を税法の専門家(会計を含まない)と位置づけるなら、弁護士は法律に関してはオールマイティな資格ですから、弁護士に対して税理士資格は与えないというわけにはいかないでしょう。
税理士は会計の専門家だというのなら、弁護士に対して試験を受けろというのはわかります。

次に公認会計士に対して税法試験を受けろと言うのは、会計士登録可能になるまでにどれだけの勉強と試験を受けなければならないかを全く理解していないからです。
まず、私自身は税理士試験5科目を受かってから会計士試験に合格した者なので、両方の試験の難易度についてはよくわかっています。一言で言えば、税理士試験と会計士試験の会計科目に関する差は、日商の簿記2級と1級に近い差異があります。税法に関しては会計士の税法(最終試験は法人税、所得税、相続税、消費税、地方税法が出題範囲で3時間の試験)と税理士試験の法人税法では、会計士の方がやや難しいかもしれません。
会計士試験では租税法は、論文試験で法人税、所得税及び消費税を出題範囲として120分の試験があります。
http://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shiken/hani26-a/01.pdf
誤解の多くは、この会計士試験だけで会計士になれ税理士登録ができると思い込んでいるせいかもしれません。この段階では会計士登録はできず、税理士試験も会計科目しか免除されません(税理士法第8条1項第三号)。

公認会計士になるためには、公認会計士試験合格後に3年間の実務補習を受け修了考査に合格しなければなりません。この修了考査に合格してはじめて税理士登録も可能になります。
修了考査の試験は次のとおりです。
http://ja.jicpa.or.jp/examination/syuryokousa25-2.pdf
税法の試験範囲は上述したように、法人税、所得税、相続税、消費税、地方税法の全てが含まれます。この点で、税法3科目ですむ税理士試験より範囲が広いのです。個々の税法科目では法人税を除けば税理士試験の方がはるかに難しいのは確かですが、範囲が広いためにかなりの勉強が必要ですし、税法全体への目配りは税理士試験受験者よりも間違いなく広くなります。

これだけの勉強をしている者に重ねて税理士試験を受けよと言うのは、ちょっと信じられません。

また、私自身の経験からして税理士さんのほうが税法条文を読みません。法人税法に限って言えば、組織再編税制や連結納税というと多くの税理士さんが敬遠します。金融商品がらみの税法適用もわかっていない税理士さんが大勢います。

質問した人からのコメント

2013/10/16 21:45:03

成功 他の方もありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gtn********さん

2013/10/1409:14:52

私も「mozabop」さんの意見に賛成です。

今の会計士試験から実際の登録まで見れば解ります。反対であれば、実務補習所のカリキュラムをご覧になり、判断されれば良いと思います。
又会計士から税理士になられた方を知っていますが、再度税法等を勉強されています。

dop********さん

編集あり2013/10/1311:48:00

弁護士は収益と益金、費用と損金の意味も知らないと思うので反対ですが、公認会計士は賛成です。
公認会計士は税務の勉強は普通にしますし、監査する上で税務の実務的な知識も蓄積していきますしね。

そもそも国際的に見て不必要な税理士を廃止して、監査が出来ない会計士とする方が合理的では?
他の方も仰っていますが、試験も受かってない国税OBが税理士になる方がおかしいですし、会計士が試験合格していない事を指摘するなら、税理士も合格した選択科目以外は業務を行えないようにすべきですしね。

皆さんもご存じの通り会計の専門家は法律上公認会計士であり、税理士は会計の素人にも関わらずCMで中小企業を会計で支えますとか流してる事、会計事務所として開業してる事等を取り締まるべきです。

また実際に税理士試験よりも公認会計士試験の方が難しいというのは事実です。
税理士も十分難関資格ですけどね。

tex********さん

2013/10/1222:08:03

大反対です。
そんな試験制度、
どうかしてるぜっ!!

cha********さん

編集あり2013/10/1218:38:19

それを言うなら、単に税務署に勤務していただけで無試験で税理士になれることも一緒に問題としないといけません。

世間では会計士試験の方が圧倒的に難しいという誤解
⇒誤解でなく事実です圧倒的に難しいです。”難しい”という意味をどう考えるか、ということが関係しますが、

mam********さん

2013/10/1216:41:43

私も質問者様と同様、反対です。
税理士事務所で働いていた時、会計士の資格を持っている人より、税理士の科目合格の人の方が仕事出来ているな〜と思いました。
税理士申請するなら、税法をせめて一つでも・・・と私も思います。

でも実際、税理士試験より会計士試験の方が難しいと思います。
弁護士の方は分かりませんが・・・

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

気持ちをこめた差し入れを、あの人に

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる