不動産のプロの方々にお聞きしたいです。 申込みをした物件があります。 中古住宅で調整区域に建っています。築7年、建物は綺麗で、土地は100坪あります。 価格は3千万です。 駅からな徒歩3

不動産399閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答者の皆様ありがとうございました。 回答を参考にして市役所に相談したところ、建て替えは築20年経たないとダメだそうです。 調整区域って素人には難しいです(--;) 不動産屋の説明もなく、不信感もあったのでこの話は白紙にしました。

お礼日時:2013/10/25 10:27

その他の回答(2件)

0

既存宅地か開発区域内でしたら、建替えも可能です。 万一建替え不可なら不動産屋にて契約前の重要事項説明時に遅くとも説明がなされます。 そうですね、役所で事前確認した方が無難だと思います。総合受付で話せばどこへ行けば良いか教えてくれます。 調整区域は一般的に住宅ローンの審査が厳しめか、または融資しないという銀行もありますので 早めのローンの手配をお勧めします。 また将来法令の改正で建てられなくなる可能性も確かにあります。 既存宅地というのは市街化調整区域が定められた都市計画法施行時に宅地だった土地には特例で再建築を認めるという内容でしたが これは都計法が改正され原則建替え不可となりました。 ただしそれは大変な事なので自治体でフォローするよう条例で便宜的にOKにしているのです。 この条例が廃止されればアウトです。 先の事なのでどうなるかは誰にも分かりません。リスク回避なら調整区域内の物件は避けた方が無難でしょう。 銀行が融資に慎重なのはそのためです。再建築不可=担保価値ゼロですから。 なお既存宅地ではなく開発区域内(インフラ整備がきちんとなされている)でしたらまず大丈夫です。 【追記】 上の専門家様の回答に対して 「開発区域内なら再建築可ならほとんどの建築物が再建築可になってしまいます」→開発区域=都市計画法29条開発行為による区域を現場では開発区域と呼びます。 学者様か役人と思わしき専門家様の回答は「正論」ですが厳密過ぎて、屁理屈でしょう。

0

違法に建てられたものでない限り立て替えは可能です。 建築指導課と都市計画課とか町づくり課とかという名前が多いようですが 開発行為の担当窓口に行ってみてください。