ここから本文です

39才、女性です、 人間ドックのエコーにて肝臓に腫瘍がみつかりました。 すぐに...

chi06131208さん

2013/10/2508:40:28

39才、女性です、
人間ドックのエコーにて肝臓に腫瘍がみつかりました。
すぐに近くの消化器内科専門の病院にて精密検査をしていただいところ超音波検査にて肝血管腫40×22ミリと診断されまし

た。
心配性な性格なので自分なりに調べた結果造影CTで検査して確定診断を得たほうがいいような気がして別の病院にてCT検査しました。結果、肝血管腫ではないみたいで、かといって悪いものでもなさそうとのことではっきりしませんでした。
先生は可能性が高いのは限局脂肪だと言ってましたが生検しないとはっきりしないとのことです。薬の服用についても聞かれましたがプラセンタを飲んでいます、プラセンタもステロイド系らしいのですが何か関係があるのでしょうか?

腫瘍マーカー、肝機能、一般血液、肝炎全て異常ありませんでした。

癌かどうかが一番心配で不安です。
この1か月近くこの事が頭から離れず食欲も気力もなく、うつ状態になってます。

ご意見お願いします。
お忙しいのにすみません。

この質問は、chiefcomplaintさんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
32,386
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chiefcomplaintさん

リクエストマッチ

2013/10/2621:15:08

ご質問ありがとうございます。
詳しい経過を書いて下さいましたが、あなたの情報だけでは残念ながら正確な判断は難しいです。
今後の考え方についてのアドバイスを書きますね。

まず「頻度」について言いますと、あなたの年齢や性別でなおかつウイルス肝炎が無いとなればいわゆる「肝細胞癌」の可能性は限りなく低いです。
ただ肝臓には肝細胞癌以外にも様々な腫瘍が発生します。肝細胞癌以外の悪性腫瘍で経験することが多いのは胆管細胞癌や他の癌の転移です。
しかしこれら以外の悪性腫瘍は大変珍しく、肝臓の専門医であってもそうそう経験することは無いでしょう。

超音波やCTが簡単にできる時代になり、肝臓や膵臓などに偶然、腫瘍や病変が発見されることが多くなりました。
もちろんこうした検査が癌の早期発見につながっているのですが、その一方で全く病的では無い(=無視しても良い)所見が見つかることも増えています。
私はこれを「背中のホクロ」と呼んでいます。
背中にホクロがあったからと言って、誰も自覚さえしていませんよね。放っておいても健康にも人生にも何の影響もありません。
でも病院に行って医者に「うむ、背中にホクロがありますね」とわざわざ言われたら、心配になります。
もちろんホクロの中には皮膚癌に発展するものもありますがそれはとても珍しいことです。

さて、肝臓に見つかる病変も放っておいて何の問題の無いものが沢山あります。
ホクロと違ってやっかいなのは、鏡に映してすぐに見ることができないということです。
となると、色々な医療機器を使って「画像診断」をするしかないということです。
肝臓の良性病変(=放っておいて良いもの)でよく見掛けるものは
嚢胞(のうほう)
血管腫
限局性脂肪沈着
などがあり、比較的マレなものには
肝細胞腺腫
腺腫様過形成
限局性結節性過形成
結節性再生性過形成
炎症性偽腫瘍
などがあります。

行うべき検査としては超音波、造影CT(ダイナミックスタディー)の他にMRIやPET-CTが挙げられます。
できれば肝臓の診療を専門(得意)とする医師のもとで横断的に(一つ一つでは無く、複数の検査を総合的に)評価してもらった方が良いでしょう。
それでもなお、診断が付かない時の選択肢としては
①放置する
②時間を空けて再評価(2-3ヵ月後に画像診断を反復する)
③針生検(病変を針で刺してサンプルを採取し顕微鏡診断する)
④手術により切除する
ということになります。
悪性の疑いが強いほど①→④ということになり
無論①→④の順に体へのダメージも大きくなります。

第一の病院と第二の病院では見解が違っているようですが、肝臓の診療に慣れた病院でしょうか?
いずれにせよ、専門家と充分に相談した上で今後の方針は決めるべきです。
何でもカンでも「癌」に仕立て上げて、無用の不安から心を病んでしまう方がおられますが、得策ではありません。腰を据えて相談ができる医者を見つけることです。

肝細胞腺腫は経口避妊薬の服用との関連がありますが、プラセンタについては私は分かりません。

以上、お答えになったでしょうか?

質問した人からのコメント

2013/10/26 22:04:41

ありがとうございます。
ほっとして泣けてきました。
来月MRIやります。
詳しく説明していただき感謝の気持ちでいっぱいです。

「肝臓 腫瘍」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tensi_nomaiさん

2013/10/2614:47:15

☆ お答えします

ズバリ「ガン」の心配はありません疑いもありません!
現在のCT画像診断は極めて正確で肝癌を見逃す
ことはありません、造影剤も多分薬液注入中に体が
熱くなる注射だったと思います
限局脂肪なんて全く気にする必用はありません
記しておられる文面からも明白です

またプラセンタとの因果関係も無と考えて下さい
これまで副作用で大きな問題になったことは無い
それだけ危険性の低い身体に優しい成分です

結論:全く心配不要です...どぅしても気になるようなら
1年~2年に一回程度のCT検査をお勧めします....☆

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。