ここから本文です

地球の同心円状構造と、大まかな化学組成(主な元素)について説明してください。...

gggggenp110さん

2013/10/2816:43:58

地球の同心円状構造と、大まかな化学組成(主な元素)について説明してください。お願いします。

閲覧数:
582
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

momoko8bonさん

2013/10/2817:34:17

いちばん外側は「岩石質」で大部分はケイ酸塩、SiO2です。内部はマントルや核に分かれていますが、くっきり分かれているわけではありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83

いちばん外側は「岩石質」で大部分はケイ酸塩、SiO2です。内部はマントルや核に分かれていますが、くっきり分かれてい...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2013/10/2820:47:07

一番中心部分は固体の「内核」です。
厚さ(というよりこの場合は半径)は1200km程度で、固体になっています。
内核の主成分は鉄やニッケルだと考えられています。

その外側にあるのが「外核」です。
厚さは2300km程度で、ここは液体の状態であることが分かっています。
内核と同じく鉄やニッケルが主成分ですが、ある程度の軽元素(酸素や硫黄など)も含まれていると考えられています。

さらにその外側にある層が「マントル」です。
厚さは2900km程度の固体の層です。
内核・外核が金属主体の層であった事とは一転して、マントルは岩石が主体となります。
岩石成分の組成は、SiO2を主体とした様々な岩石からなっていますが、特にマントル上部ではSiO2やMgOが主成分だと考えられています。(半々程度)

一番外側にあるのが「地殻」です。
場所によって差異はありますが厚さは数km〜数十km程度の岩石層です。
大陸地殻は厚く、海洋地殻は薄いという特徴があります。
岩石主体であるという点ではマントルと同じですが、こちらの場合はSiO2が特に多く、Al2O3やCaOが後に続きます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。