ここから本文です

三国志の南蛮征伐は創作の話ですか

kum********さん

2007/5/1410:37:35

三国志の南蛮征伐は創作の話ですか

三国志の正史に南蛮征伐の話は登場しませんが、横山光輝と吉川英治の三国志で蜀の諸葛亮が南蛮征伐に行く話は創作ですか。創作でしたらなぜ兀突骨と木鹿大王を話に登場させたのですか。

閲覧数:
3,501
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

roh********さん

2007/5/1416:25:13

>三国志の正史に南蛮征伐の話は登場しませんが
あまり多く書かれていませんが登場します。
諸葛亮伝には「(建興)三年の春、(諸葛)亮は衆を率いて南征し、その秋に悉く平らぐ」とちゃんと記述はありますし、他の人の伝にも出てきます。ただし具体的な敵の名や状況はあまり本文には書かれていませんね。兀突骨や木鹿大王は『三国演義』に登場しますが歴史上の人物ではなく、南征の話を面白くするために創作された人物でしょう。


孟獲の七縦七禽の話は、正史の本文にはありませんが裴松之の注に引かれた『漢晋春秋』の記述にあります。同じく注に引かれた『襄陽記』によると馬謖が「ただ勝つだけだとすぐまた叛くので、心を攻めて服させるべきだ」と言ったのを諸葛亮が採用して孟獲を赦し、心服させたことになっています。

質問した人からのコメント

2007/5/17 13:39:42

成功 兀突骨と木鹿大王は南蛮征伐の話を面白くする為に創作された人物ですか。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pis********さん

2007/5/1411:23:27

一応の事実だそうですが、「七たび捕らえ、七たび離す」は創作だそうです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる