ここから本文です

消費税計算で税込方式を採用した場合、消費税額の記録は簿外の補助簿で行うことに...

tor********さん

2013/11/611:27:21

消費税計算で税込方式を採用した場合、消費税額の記録は簿外の補助簿で行うことになりますか?

補足簡易課税の業者は、みなし仕入率を使って課否判定は必要ないですが、原則課税の業者の場合です。

閲覧数:
273
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

adr********さん

2013/11/709:09:17

消費税の計算のやり方を見れば簿外で消費税を記録する必要はないことが分かります。
計算方法は以下の通りです。
① 税込売上合計*100/105
② ①*4%
③ 税込仕入合計*4/105
④ ②-③
⑤ ④*25/100
⑥ ④+⑤

つまり、課税区分さえしっかり行えば税込金額から消費税は計算できる仕組みです。
税込処理はある種の簡便法ですので、わざわざ簿外で補助簿などつけていては税抜処理と手間は変わらないことになってしまいます。

質問した人からのコメント

2013/11/11 10:33:23

降参 ご回答ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる