ここから本文です

輸入住宅ってなんですか?

linlindendendonさん

2013/11/1916:15:31

輸入住宅ってなんですか?

北欧風の住宅を建てたいと頑張っております。


正直自分のなかでは北欧風の住宅=輸入住宅
だとばかり思っていたのですが、全然違うのですか?

といいますのは私が検討している会社は
まさに北欧風の住宅を建てていますが、
HPを見ても輸入住宅という文字は一切でてこないのです。
「北欧風の可愛らしい家を建てています」
的なことは書いてありますが。


また使っている建材も無垢の床や漆喰は使いますが
それは別に普通の最近の住宅では一般的なものですし、
窓、ドア、キッチン、お風呂、トイレと全部国産のものです。

北欧風の住宅をやっているのに
キッチンなども
「いや~日本のはよくできてますよ!」
といって、海外製品は使いたがりません。
やっぱりアフター考えると日本で売っているものが一番!
みたいな感じで
「あんたたちデザインが北欧風が売りなんじゃないのか・・・?」
と突っ込みたくなります。

そこで気になっていろんな会社をみたのですが、
今まで「輸入住宅」の会社と思っていた会社のほとんどが
デザインが欧風やアメリカンというだけで建材のほとんどが
日本のもののようでした。


本当の輸入住宅っていうのは
本当に全部の建材は海外のもので作る家のことなのですか?
私が検討しているような会社は輸入風住宅っていうカテゴリでしょうか?

輸入住宅を不慣れな和風工務店に作られると大変なことになる
と以前にアドバイスをいただいたのですが、
それは本格輸入住宅のことで、海を渡って建材取り寄せるような家の
ことなのでしょうか?
北欧のかわいらしいデザインの家というだけで、漆喰や無垢床は使うけど
水回り品は国産で、外壁や屋根も国産、ドアなども国産というのえあれば
別に輸入住宅専門の会社とかそういうデザインが得意な会社とかじゃなくても
全然問題なかったのでしょうか?

閲覧数:
1,507
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/11/1917:22:58

元住宅営業です。

輸入住宅も扱っていたので、参考にしていただければと思います。

ーーーーーーーーーー
>本当の輸入住宅っていうのは本当に全部の建材は海外のもので作る家のことなのですか?
↑おっしゃることはわかるのですが、違います。
日本で作られる建材でも、「ヨーロッパでありそうな雰囲気のデザイン」であれば、北欧風と名付けて呼んでいます。
とくに講学上の定義があるわけでもありません。

建築する家のすべてを輸入品で建築している会社は存在しないと思います。


フランス料理と一緒です。
別に日本の食材で作っても、レシピがフランスっぽければフレンチとして出しますよね。


なので
>本当の輸入住宅っていうのは
>本当に全部の建材は海外のもので作る家のことなのですか?
>私が検討しているような会社は輸入風住宅っていうカテゴリでしょうか?
↑ いずれにせよ、「輸入住宅」ではあるんでしょうね。
質問者さんが「私の家は輸入住宅です」と言ってしまえば、輸入住宅になります(笑)

すごくつまらない言い方をあえてするならば
ただの「ハウスメーカーの差別化」です。

理由としましては、
住宅会社は結局、日本の建築基準法に準拠した住宅しか建築できないので
根本的には、在来かツーバイいずれかの住宅しか建築しておりません。(コストの問題もありますね)
だからこそ、「見た目だけでも北欧風」な家を輸入住宅と名付けて販売しているわけですね。



おそらくですが、「輸入住宅」を売りにしている会社がある理由は、家具屋も理由の一つかな、と思います。

Cassina
BoConcept
ACTUS
など

北欧とか欧米から輸入するインテリアは、国内では見られないデザインで、とても素敵ですよね。
こういうイメージのインテリアに合う住宅も存在しても良いですよね。
だから、そういう北欧風インテリアが好きな人に人気がでる住宅も、ニーズとして一定数存在するんでしょうね。


そもそも、欧米では「土足が当たり前」「お風呂では湯船で体洗う」文化ですよね。
そんな欧米文化で出来上がっているインテリアが、日本の住宅とマッチングするはずがないんですが
でもそこに一つの魅力があるのも確かなわけで。

住宅のインテリアも、ファッションみたいなものなので、
せっかく新築するのだから、そこも楽しみましょう。

という感じです。

以上です。
ーーーーーーーーーー

存在理由をお話してしまうと、会社の都合を言ってるみたいで、ちょっと残念な感じになってしまいますね。

でも、これから夢のマイホームをご検討されているのでしたら、
せっかくなので、ご満足のいく家作りをなさってください。

参考にしていただければ幸いです。
長文すみませんでした。

では

質問した人からのコメント

2013/11/26 16:19:21

今回どのご回答者様の回答もとても参考になりました!
BA迷いましたが、ご経験からの回答ということで
選ばせていただきました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2013/11/1919:48:01

一般的に、「~風」というのは本物に似せたものに使いますよね。ということで、北欧風の住宅なら北欧の住宅に似せたもので、北欧の家そのものではありません。

輸入住宅というのは、一般的にキット化された建材を輸入して建てた家のことを指すと思います。でも、海外とは気候風土や習慣、法律が違うので、設備まで全く同じでは困ることもいくつかあると思いますけどね。

>私が検討しているような会社は輸入風住宅っていうカテゴリでしょうか?
→はい。輸入住宅風ということでしょうね。

>輸入住宅を不慣れな和風工務店に作られると大変なことになると以前にアドバイスをいただいたのですが、それは本格輸入住宅のことで、海を渡って建材取り寄せるような家のことなのでしょうか
→はい。キットなので、組み立ては慣れた人の方が安心です。

>水回り品は国産で、外壁や屋根も国産、ドアなども国産というのえあれば別に輸入住宅専門の会社とかそういうデザインが得意な会社とかじゃなくても全然問題なかったのでしょうか?
→デザインではなく、建材や設備、工法がどこの国の物なのかを重要視しているということでしょうか?国産品を使用していても、それなりに見えるのであれば「~風」で間違いないですけどね。

tsuzukkiiさん

2013/11/1917:38:27

どこまで取り入れるのか?

欧米では、玄関の扉は内側へ開きます。
お客様を招き入れるような扉です。

日本の扉はなぜ外開き?

いくつか要因がありますが、
大きな要因は、玄関に框(かまち)があるからだと思います。
なぜ、玄関に框があるのか?
室内では土足で生活しないからです。

同様に、窓は、日本の場合はほとんどが半外付けサッシ
引き違いの物が多いです。
欧米では、内窓。
縦長の窓を外に向かって開くのが主流です。
欧米には一般住宅にアルミサッシはほぼ存在していません。

なぜか?

窓に関しても、高い断熱性、気密性を求めるからだと思います。

木製、樹脂製がほとんどです。

木製サッシは、日常メンテナンスが必要です。
休日に家族みんなで、窓にペンキを塗る作業をするそうです。

火事への対策として、
日本の場合は延焼を予防するために、外壁には不燃材を使用することが多いです。
欧米の場合には、広い庭があったり、隣家が遠いため、延焼対策は不要の場所が多いです。
外壁もDIYでペンキを塗る作業をされる方が多いようです。
都市部の場合には、延焼を防ぐために、石積み、レンガ積みの建物が多いです。
耐震性を求める必要がないからだと思われます。

横浜の洋館、神戸の異人館、長崎グラバー邸、函館の教会など古い洋館をたくさん見学しましたが、
設計は欧米人。
室内は土足。
暖房は暖炉。

でも、日本の生活様式を取り入れて、
玄関は外開き、屋根には和瓦、構造躯体を木造軸組工法を選んでいる建物も多いです。

日本の気候、生活様式、どこまで取り入れるかによって、大きく変わってくると思いますよ。

わが家は木造軸組みの南欧風住宅です。
屋根には三河の瓦(三州瓦)スパニッシュ風S型瓦です。
窓には高気密高断熱性を求め、樹脂サッシを取り入れました。
キッチンはフルオーダーのものをオーダー専門のキッチンメーカーへ依頼しました。
キッチン扉や側面、背面にはパイン材を使用したキッチンです。

日本の住宅は、気密性断熱性がとても悪いです。

この家は何より住み心地は最高ですね。

hama0214さん

2013/11/1916:52:14

なんとか風って感じだとどこの会社でもできそうです
一応建材を輸入してたら輸入住宅ってことでいいと思います

うちはセルコホームですが
カナダからほんとに建材を輸入してました
だけど、たとえばこの部分は国産の方が優れているとか
使いやすいものがあったりしたので
そこんとこは国産にしました
なのでうちもカナダ住宅じゃなくてカナダ風住宅ですね

すべて国産のものだけでも
北欧に似せるって意味で一応北欧風とも言いますので
あとは質問者様のこだわり次第ってとこじゃないでしょうか・・・・・・

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。