ここから本文です

地震に備えて

mar********さん

2007/5/2222:30:40

地震に備えて

何かしていらっしゃいますか?

うちは、なーんにもしていません。

だけど、南海地震が どうのこうのって言っているので、

最近になって意識し始めました。

みなさんは、何を用意されていますか?

あと、「最低限、これだけは用意しておいた方がいい」と言うものを教えてください。


ちなみに阪神淡路大震災の時、高校生だったのですが

卒業してから入社した会社の先輩が神戸に住んでいて、

「サランラップは絶対に要るよ」って教えてもらいました。

閲覧数:
2,234
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fre********さん

2007/5/2418:36:05

中越地震体験者です。
震源地のすぐそばに住んでいるため、震度7を体験しました。

非難用具に関しては、お住まいの地域によって違ってくるかと思います。
地震は、火災や水害と違って燃えたり流れたりしませんので、壊れないものはすべて残っています。
都市部でマンションにお住まいだと食料に不安が出てきますが、こちらの震災では、地震が起こった初日だけパニックにより食事の不安はありましたが、食べることには困りませんでした。
近所の人たちと助け合い、それぞれの家庭から出てきた食料を、家から持ち出してきたストーブの上で調理して食べていました。
もちろん、停電によって冷凍庫や冷蔵庫の生ものはすべてダメになりましたが・・・。
また、衣類や寝具に関しても、余震が収まった瞬間に家にもぐりこんで出してくることが出来ました。

ということで、赤ちゃんや小さな子供がいるご家庭でもない限り、不便ではありますが食料や衣類に困ることはあまり無いと思います。
小さなお子さんがいるご家庭は、食料品を一番に考えたほうが良いと思います。(特に水)

震災後も、助け合いの精神から、スーパーやコンビニ、ホームセンターはすぐに営業を始めました。
電気が通じていない中での営業でしたから冷蔵品の販売はありませんでしたが、贅沢さえ言わなければ、缶詰、カップめん、お菓子の類は手に入れることが出来ました。

どこでも一番大切だと思われるのは、ライト、電池、携帯電話、携帯の充電器だと思います。
中越地震は夕方6時に起こったので、真っ暗な世界になってしまいました。
また、電気が復旧するまで3日ほどかかったので、ライトは必需品でした。
LEDライトは、明るい上に電池の消耗も少ないのでお勧めです。
お店で一番最初に消えたのが、ライト、電池、カセットコンロとガス、カイロ(秋だったので)でした。

また、車をお持ちでしたら、車に予備のライトや電池を入れておくとともに、100Vの電源変換器を入れておくと便利です。
私は、車に助けられました。
震度7クラスの地震は、非常持ち出し袋を持ち出す余裕なんてありませんでした。
とにかく安全のために真っ暗になった建物の中から手探りで外に飛び出したという感じです。
(翌日の昼間に見たら、家の中は、さまざまなものがあちこちに吹き飛んでいました。)
でも、車の中にLEDライトを入れていたおかげで、余震が収まった瞬間に真っ暗な家の中に入ることが出来ました。
停電の中でも、テレビを見ることが出来たり、携帯の充電が出来たりしたのも車にいろいろ入っているためでした。

携帯はつながりにくいだけで、必ず使えます。
安否の連絡だけではなく、夜のさびしさを紛らわすためにも携帯のメールは必需品でした。

意外かも知れませんが、震災の時に一番使えないと思ったものはラジオでした。
ひたすら、安否確認の連絡に関する放送が流れているだけで、情報が分からなかったのです。
情報入手は、車に積んでいたテレビと携帯のiモードでした。

ストーブで調理をしたことを書きましたが、これは雪国ならではの話かも知れませんね。
灯油も200リットルの大型タンクが家にあるため、暖房や料理に関しては大活躍しました。
外で、火をおこして調理も出来ますが、最初の2日くらいを生き延びるため、料理の手段も考えておいたほうが良いかと思います。

そうそう、もうひとつ大切なものは現金です。
銀行まで停電すると、お金をおろすことが出来なくなります。
必要なものを買ったりするのに必ず必要になるので、非常袋に入れるかは別ですが、現金はあったほうがいいです。
また、公衆電話は優先電話になって、電話がかかりにくいところでも優先的につながるようになるから、小銭をたくさん持っていると震災初日には便利です。

以上が私の中越地震の経験です。
地震は、お住まいの地域によって、さまざまな条件が変わるために対応方法も大きく変わってくると思います。
少しでも、私の経験がお役に立てば光栄です。

質問した人からのコメント

2007/5/24 22:00:30

降参 皆さま、回答を下さり、ありがとうございます。

みなさん、色んな情報、経験を活かして教えて頂き、感謝、感謝です。
だけど、意外だったのがラジオが役に立たない事でした。
車は所持しているので、お水とか乗せて置こうかと思います。

皆さまの回答、大変参考になりました。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bar********さん

2007/5/2401:38:14

毎日パンツ2枚と生理用品と痛み止め持ち歩いています(^^;)
あとコンビニの袋とふろしきも
水や食料は配給で何とかなりそうだけど
その辺の小学校や役所にはパンツは置いてないと思うから・・・;
サランラップは結構使えそうですね!
毎日持ち運びは無理だけど、家の緊急持ち出し袋に入れておきます!

min********さん

2007/5/2300:25:01

用意は必要だと思いますが、何にもしてません。
震災当初(阪神淡路大震災)は、余震が何度もあったので

・現金(万単位)
・車のキー(スペア)

を、布団の下に入れ、枕元には懐中電灯を置いて寝てました。
冬場だったので厚めの衣服は車の中に積んでました。

最低限必要な物・・・お金ですかね~
よくテレビとかで「地震が起こったら窓を開けて・・・」とか言ってますけど規模によって違いは
ありますが大きい地震だと、そんなことしてる間は無いに等しいのが現実ですね。特に夜間は・・・
用意している物を持ち出せるかどうかもわかりませんよ。

地震がおさまったら、被害状況を確認→安全を確認したら→コンビニへ→食料確保・・・すぐに品切れになりますんで早めに行動してくださいよ。
のんびりしてたら飲まず食わずに・・・・。
サランラップは皿の上に敷いてお使いください。皿が汚れません=洗わなくてすむ

なお、これらの行動は「家具が倒れたり、食器が割れたりはしたものの家の中で生活が可能な方」
のためのものです。建物自体が倒壊した場合は、なすすべがありません。避難所に行ってください。

ore********さん

編集あり2007/5/2301:00:25

飲料水は必須ですよね!ペットボトル2リットルのは用意しておくといいですよね。あとは小さなラジオも。バスタオルも1枚入れておくといいですよ。

乾パン・あと、サランラップ。
お皿にしいて使うと、断水してお皿が洗えなくても何とかなるらしいです。

http://www.jamie.or.jp/jakyosai/ja/special/←サランラップの詳しいことも記載

されていますね。
サランラップで止血などの応急処置と水の確保も出来ます。
色々なルートで役に立ちますね。

http://www1.odn.ne.jp/~ceu55990/sinsai.html
大きな地震の場合は前もっておいてないお金は捨てて、兎に角、家がつぶれる前に
戻らないで逃げてください、お金を持っていても買い物も出来ないですので、命が
大事です、家は地震保険に入っていれば保障となります。
持病がある場合はイツデモ持って逃げれるように救急箱に入れて置く事も必要です。

参考になりましたら幸いです^^w

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる