ここから本文です

中国語検定と新HSKのレベルについて

daliandavisbarさん

2013/11/2212:30:56

中国語検定と新HSKのレベルについて

中国語検定と新HSKの何級になるでしょうか?

中国検定2級=新HSK4級
中国検定準1級=新HSK5級
中国検定1級=新HSK6級

これで合ってますでしょうか?
宜しくお願い致します。

閲覧数:
32,928
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/11/2909:43:44

今まで私が受けてきた感覚では、新HSK4級<新HSK5級/中国語検定2級<新HSK6級<中国語検定準1級<中国語検定1級、という感じです。(中検1級は未経験)

ちなみに私は、新HSK6級までは1回で通りましたが、中国語検定準1級は2回落ちました。

新HSKの方は、問題量も多くて、リスニングも1回しか言わないし、難しいことは難しいのですが、ボーダーが低いし、総合点で合否の判断をしてくれるので、割に通り易いのでは?と思っています。

中国語検定の方は各項目ごとに合格点を設けていて、全ての項目で合格点を上回っていないと通りません。


ご参考まで。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/11/2915:44:21

そうですね。
HSKは一級が一番簡単で、六級が一番難しいです。
ちなみに昔は7級まであったのですが、今では六級がその7級に値するらしいので…
五級受かれば六級を所得したと考えてもよろしいかと。

soictresさん

2013/11/2303:06:53

新HSKに関しては合格最低得点が6割と低めに設定されているので、合否だけではなく得点に注目して判断するべきかもしれません。
中国検定1級に関しましては、大変難易度が高く、合格するのにかなりの年月を費やしたように思います。
一度書店に並ぶ問題集を手に取ってみれば、ひと目でわかるとおもいます。
また、HSKに関しましては、アフリカ、欧米諸国などなど漢字を使用したことのない人も多くうけるため、日本人にとっては彼等と比べるとやりやすいところもあるかもしれません。

中国現地でHSKを受けると作文の誤字の採点がゆるいなどという噂もありますが、誤字はしないようにしてください。(6級)
12月あたりのHSK試験が他のと比べて簡単などという話を多くの方がされますが、これは謎です、しかし中国人講師の方もそのような話をされていました・・・、 あくまで運ではなく自分の実力で合格を勝ち取りましょう!!!

2013/11/2301:23:49

大まかな比較だと、だいたいそんな感じです。

細かく言うと、同じ級でも点数により異なるようです。

中検、旧HSK、新HSKの対応表を見つけました。
hp.vector.co.jp/authors/VA041735/chc/kaoshi.htm

ご参考まで

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。