ここから本文です

遺伝学における、mutant と variant の違い、使い分けをわかりやすく教えていただ...

g_l********さん

2013/11/2505:13:47

遺伝学における、mutant と variant の違い、使い分けをわかりやすく教えていただけないでしょうか?

閲覧数:
4,402
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/11/2505:43:17

変異体は野生型があって初めて、変異体という言い方が存在します。

つまり野生型に対応する遺伝型が存在する場合、「普通は○○」というものがあるものです。
たとえば、もともとそのお花は4つ花びらがあるのに遺伝子が変わって5つになったとか。
一方、遺伝的異型はどっちが野生型と言うわけでなく同じ対立遺伝子に異なる配列が存在するものある場合によく使います。たとえば、ヒトならHLA体型の特定の対立遺伝子を捉えて論じるときに使ったり。
お花で4つ花びらがあるものと5つあるものが遺伝的に混在しながら存在するとき、それが単一部位の多型なら異型A、異型Bって呼んでいいです。

質問した人からのコメント

2013/12/1 20:33:53

イメージできました。
ありがとうございますm(__)m

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる