ここから本文です

落語で使われる都々逸に、 「空があんなに青いのも 電信柱が高いのも 郵便ポスト...

bas********さん

2013/11/2520:14:37

落語で使われる都々逸に、
「空があんなに青いのも 電信柱が高いのも 郵便ポストが赤いのも みんなあたしが悪いのよ」
というものがあるみたいですが、

どのような話の流れで出でくるものなのでしょうか?
解釈をお願いします。

補足では、ネガティブな気持ちでの発言というよりは、怒りを表した台詞という解釈でよろしいのでしょうか。

閲覧数:
1,859
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/11/2520:26:22

ある人が、些細な失敗をしたり嘘をついてね、それが周囲の人にばれる訳。周囲の人は「お前が悪い」「お前のせいだ」と苛めるのです。
そうすると、その人がつまらないことであまりに苛められるものだからプッツンして、「そうよそうよ、そうなのよ、---みんな私が悪いのよ」となりました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる