ここから本文です

毛利元就が最も恐れた男は、誰ですか?

電波猫さん

2013/12/1814:54:02

毛利元就が最も恐れた男は、誰ですか?

閲覧数:
1,085
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/12/1821:29:47

毛利元就が脅威に感じていた武将は陶晴賢配下の弘中隆兼

彼は智勇兼備の名将であり、元就はかつて隆兼と共同で神辺城攻略にあたっており(元就が大内氏に従っていたとき)、それだけに隆兼の知将ぶりをよく知っていました。

隆兼は元就が大軍の身動きがとれない厳島におびき出そうとしていることを見抜き、陶晴賢に毛利方の諸城を落としながら、陶全軍を陸路から安芸に進撃するよう諫言(晴賢はこれを一蹴し、隆兼を臆病者の迂愚と罵る)。

厳島の戦いでは子・隆助とともに最後まで抵抗、元就は隆兼を恐れていたので、周囲を柵で囲んで逃走を阻んで討ち取りました。

質問した人からのコメント

2013/12/24 21:14:35

降参 皆さん、ありがとう御座いました。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

f27********さん

2013/12/1823:04:26

尼子経久じゃあないでしょうか?

bir********さん

2013/12/1821:44:41

陶は謀叛して、主君の大内義隆を討ったが、
義隆と不和になって実家の大友家に帰っていた
大内義長を陶は、大内の当主に迎えることで、
謀叛の悪名を緩和させて大内義長をカイライに
して陶は大内の簒奪を狙っていました。
義長は兄が大友宗麟だったため毛利は陶と
対決すると最悪、大友氏も敵に回すと不利だった。
厳島の戦い、までは毛利は極力、大友氏を刺激
しないようして厳島の戦い、には大友氏を
加勢してこないように、したので、
不利を減らしたそうです。
また、毛利は、陶と尼子の挟撃を一番おそれたが、
運よく尼子家中で乱が起きて、当主・尼子晴久は
叔父の尼子国久と その一党を上意討ち、して
尼子は衰退が始まったので毛利は最悪、
陶と大友と尼子を みんな、まとめて相手に
戦う劣勢は回避できました。

arb********さん

2013/12/1820:32:11

毛利家家中の乱れの元凶、井上元兼ではないでしょうか?でなければ、一族皆殺しにする程苛烈な事はしないと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる