中国吉林出身の人が中国には墓がないと言っていました。 中国全土でそうだとも思えませんが 墓がない場合死体はどうするのでしょうか。 そこまでは聞かなかったので。

中国吉林出身の人が中国には墓がないと言っていました。 中国全土でそうだとも思えませんが 墓がない場合死体はどうするのでしょうか。 そこまでは聞かなかったので。

中国史359閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

結論からいうと、中国人の90%を占める漢族では墓は必須です。 中国人の90%を占める漢族の伝統的死生観は招魂再生です。これは、人間は精神(魂)と肉体(魄)とから構成され、両者が合体しているときが生で、分離すると死で、再び合体できれば、生を復活できるというものです。すなわち、人間が死ぬと、魂は天に昇り、雲上に漂います。魄は朽ちて骨が残ります。そこで、雲上に漂う魂を招いて骨と合体させれば、生が復活します(再生)。この儀礼が招魂再生儀礼です。具体的には、煙を焚いて、魂が戻る道しるべとして、木主(位牌)に宿らせます。一方、地面に酒を撒き、骨とを導きます。これで、木主上で魂魄合体して再生します。すなわち、招魂再生儀礼には死者の骨の保存が必要条件となります。この死者の骨の保存・保護の場所が墓です。この招魂再生儀礼は誰が行うかというと、死者の子孫です。すなわち、子孫の役割は招魂祭儀礼を行うことと、このための墓の管理です。 以上の通り、漢族にとって墓を作りこれを管理保護することは当然のことで、墓なしは考えられません。もちろん、少数民族の中には別の死生観(チベット仏教徒など)から墓なしの民族もありますが。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

その人は朝鮮族です。 しかし北京化工大学を出たインテリですから片寄った見方をするとも思えませんが。 ありがとうございました。

お礼日時:2013/12/26 13:43

その他の回答(2件)

0

その死体の処理では、火葬、土葬、鳥葬といろんな民族的・地域的風習があって、法制化されたのは1997年「殡葬管理条例」という、比較的に新しいものなんです。 特定少数民族自治区は、少数民族の葬儀方法の自由・・というのが法律で守られていたり、田舎の地区でも、事実上は、いろんな処理がまだ認められていています。都会では当然、日本とは石塔などの形が違いますが、ちゃんと墓があるし、田舎では、土葬したり、遺言で、土の中に埋められたら天へ登れない!とかいって、火葬といってもキャンプファイヤーでバーベキューするような火葬もあったりしてましたので、骨の一部は川に流したり、特に墓がないっていう場合もありますね。 鳥に食べさせる区域もあるんですから。 ただ、それには、伝染病防止法のからみがあって、現在では火葬が推奨されていていて、きちんと墓があります。 ↑の方の回答・・・ すごいな(笑)、それ、本当に中国のことですか?(爆)