ここから本文です

近代のドイツ統一問題で、もし大ドイツ主義が採用されプロイセン王国とオーストリ...

jaz********さん

2013/12/2911:46:10

近代のドイツ統一問題で、もし大ドイツ主義が採用されプロイセン王国とオーストリア・ハンガリー帝国を合わせた広大、強力な統一ドイツが誕生していたら

大英帝国やフランス王国、ロシア帝国と泥沼的な欧州の覇権争いが絶えず勃発していたと思われますか?

閲覧数:
721
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2014/1/100:34:10

いや、案外大人しかったかもしれません。
結局、英露が仏と組んでドイツの包囲網を形成するに至ったのは、ドイツの拡大主義・軍事増強の勢いを警戒してのものです。
ところが、大ドイツ帝国が成立していたとすれば、まあオーストリアが盟主となって緩やかな連邦制の国家が成立したと思われますが、常にオーストリアの追い落としをはかるプロイセンと、大ドイツからの離脱を図るハンガリーを始めとする少数民族が、国内で不穏な動きを取ったかも知れません。
そもそもオーストリア・ハンガリーは相対的多数のゲルマン人という絶妙な人口比率で成立しているもので、大ドイツとなり、ゲルマン人の比率が高くなると少数民族の地位が相対的に低下し、結果彼らの不満が蓄積する可能性があります。

大国というのはあれば強いというものではなく、強力な集権化が為されていなければ、往時の神聖ローマ帝国の様にただ、存続するだけで精一杯ということになりかねません。
それどころか英仏露が様々な介入を行って(例えば少数民族の独立運動を支援するなど)国土の切り取りを行った可能性すらあります。少なくとも欧州の覇権争いに大ドイツが噛まないという可能性が有り得るんじゃないでしょうか。

質問した人からのコメント

2014/1/3 15:20:23

成功 皆様有難う御座いました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

osm********さん

2013/12/3114:43:52

おっしゃる方式は大ドイツ主義(オーストリアからハンガリーやチェコスロヴァキアを分離
してドイツ人地域のみで統一する考え方。当然オーストリア自身が猛反対)でなく、中
欧帝国構想ですが、ウィーン=ハプスブルク家主導なのかベルリン=ホーエンツォル
レン家主導なのかで話が変わってきます。むしろ異民族慰撫に力を殺がれ、あっという
間にイギリスを抜き欧州最大の経済大国に躍り出た現実のドイツ帝国ほどの飛躍を
遂げられなかった可能性があると思います。

2013/12/3107:47:28

ifが多いですね

というのもハプスブルク領内のドイツ人人口は全体の25%
だからこそマジャール人(ハンガリー人)と妥協(アウグスライヒ)してその他少数民族を抑えつつ共存する道を選びました
仮にドイツ帝国とハプスブルク帝国が合併すれば 当然ドイツ人人口の比率は跳ね上がります
しかしマジャール人も含めた少数民族も無視できない規模の比率を保つでしょう
つまり帝国全体が恐ろしく不安定化した可能性があります

またオーストリアはドイツ ロシアの緩衝国としての側面がありました
なくなればやはり地政学的な混乱はあったと思います

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる