ここから本文です

特発性間質性肺炎について。 父が特発性間質性肺炎と診断されてから、約5年になろ...

flo********さん

2014/1/309:22:21

特発性間質性肺炎について。
父が特発性間質性肺炎と診断されてから、約5年になろうとしています。月日を追うごとに呼吸が辛くなり、体重も激減。9月からは在宅酸素を始めましたが、本人曰く全く効き目がないそう

です。
そこで質問です。
1.在宅酸素の効き目が無いという事はあり得るのでしょうか?先生は今の量が適量というのですが、酸素量が足りないという事なのでしょうか?
2.この病気は予後が悪いようですが、長く頑張っておられる方は何年くらいでしょうか?心の準備はまだ早いでしょうか。
3.難病指定されている病気なので回復は難しいのですが、いくらかでも呼吸が楽になる手立てはないのでしょうか。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたらご教授願いたいと思います。よろしくお願いいたします。

閲覧数:
3,964
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

usa********さん

2014/1/500:33:21

まず一般論です。
間質性肺炎とは肺の間質(肺胞と肺胞の隔壁など)に炎症をきたし、線維化を生じる疾患です。

原因は不明な場合も多いですが、明らかになっているものとして、薬剤・放射線・膠原病・塵肺などがあります。

診断されてからの平均生存期間は約5年です。
現在、一度線維化してしまったものを戻す方法はなく、線維化の進行を抑制することしかできません。

1.酸素量が足りないことも十分考えられます。しかし慢性呼吸不全の方では酸素量を増やすことで意識障害を生じることがあります(CO2ナルコーシスと呼ばれるものです。)それもあり、酸素量の増量は慎重にならざるを得ません。主治医と相談ください。
2.上記のとおり診断されてからの予後は5年です。心の準備はむしろ遅すぎるくらいです。
3.なかなか難しいですね。呼吸リハビリはされてますか?されてないならこれも相談してみてください。

こちらも参考にどうぞ。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n83261

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる