ここから本文です

三国志 公孫瓚配下時代の趙雲はどのような身分だったのですか? 劉備の下では...

hat********さん

2014/1/810:30:07

三国志
公孫瓚配下時代の趙雲はどのような身分だったのですか?

劉備の下では親衛隊で、将軍になったのはかなりあとですよね。公孫瓚の時は一兵士とか?

閲覧数:
1,008
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sad********さん

2014/1/818:10:39

正史読んできましたが、公孫瓚配下時代はサラっとしか書いてないので、身分は不明ですね。

注釈にある『趙雲別伝』を信用するならば、「本郡から推挙され、義従の官吏・兵卒を率いて公孫瓚のもとに参向した。」とあるので、本郡(趙雲の出身地・常山郡のことか?)の代表として参加・・・ということになりますね。1つの部隊を形成しているので、1兵士ではなさそうです。

質問した人からのコメント

2014/1/14 21:08:11

感謝 とりあえず部隊長くらいはありそうですね

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

編集あり2014/1/1318:44:55

客将だと思います。
公孫賛が配下にしようとしたが、その時から趙雲は、劉備の部下になりたいと思っていたが劉備はその時、領地を持っていなかったので「時期が来たら」と言って断りました。それで趙雲は、公孫賛 の客将になったと思います!
客将だから戦になったら身分が決まると思います。
客将=客のように遇する将軍のこと
以上です。長文失礼しました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる