ここから本文です

減価償却費とはわかりやすく言うと??

osa********さん

2007/6/1717:14:53

減価償却費とはわかりやすく言うと??

設備が耐用年数を超えたとき、設備投資をしなければなりませんが、減価償却費とはそのために用意する準備資金のことだと理解しています。これって間違えてます?正しいのでしょうか?

閲覧数:
112,284
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

don********さん

2007/6/1812:08:11

実務的には、合っています。
学問的、理論的には、間違えています。
減価償却の元の意味は、設備に支払ったお金を、全額すぐに、費用・損金とせずに、耐用年数の間に少しずつ費用・損金計上する処理のことです。
ところで、減価償却費と同じ額の資金を毎期積み立てていくと、耐用年数経過後には、元の設備に投資したのとほぼ同額の資金が貯まります。物価上昇等なければ、それを使って、同じ程度の新しい設備が買えます。だから、あなたの理解は、実務上は、間違っていません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「減価償却とは わかりやすく」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kom********さん

2007/6/2005:10:59

会計上の意味は、その固定資産の耐用年数(使用期間)にわたって購入費と付帯費用を配分することです。その固定資産は購入した年にだけ役に立つわけではありませんから。

hjk********さん

2007/6/1721:03:57

あながち間違いではありませんが、正解でもありません。

減価償却は、長期間にわたって使用する固定資産の取得原価を、耐用年数にわたって
費用として配分する手続きのことを言います。
この費用化が減価償却の「目的」です。

そして、減価償却は資金の流出を伴わない費用であるため、損金算入限度内の償却費については
法人税等の税率をかけた分だけ資金の流出が止まり、資金が内部留保されることになります。
質問に書かれているのはこのことを指していると思われますが、これはあくまでも減価償却費の副次的な「効果」であり、
これが減価償却費の「目的」であるわけではありません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tig********さん

2007/6/1719:07:02

私は、そういうふうには理解したくないなーと思っています。
なぜなら、耐用年数がきたら設備を更新しない(廃棄する)ような予定になっているとしたら、減価償却を行なわないでいいということになりません?

kam********さん

2007/6/1717:21:14

車を例の取って説明しますと、仮に300万円の車であれば6分割して6年間掛けて経費計上して償却して行くのです。つまり、会社のお金300万円で買った車ですが一括で経費計上はできません。年に50万円までしか認められません。これが減価償却費の簡単なご説明です。

tom********さん

2007/6/1717:16:13

合ってますよ。
いいですよ。
自信を持っていいんですよ。
あなたは無駄な存在ではないですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる