ここから本文です

プラダを着た悪魔の最後の方がよくわかんないんですけど、どうゆう事ですか? パ...

gaz********さん

2014/1/911:47:59

プラダを着た悪魔の最後の方がよくわかんないんですけど、どうゆう事ですか?
パリに行った所からです。
ナイジェルがアンドレアにジェームズ・フォルトのパートナーにミランダの推薦で選ばれたと話す。

アンドレアはトンプソンの部屋でアメリカ版Ranwayをみつけ、ジャクリーヌが編集長・トンプソンが編集責任者になった場合の見本だと言う事、ミランダが解任になるという事を知る。
ジェームズフォルトをお祝いする会でミランダがフォルトインターナショナルの新たな代表選出をRANWAYの中から選んだ(ナイジェルは自分が呼ばれると思っていたと思います)
でもミランダが読み上げた名前はジャクリーヌ。
車の中でミランダはアンドレアに前から気づいていた事を話す。
自分がRANWAYを去る時にはミランダに従う、それを知った会長は考えなおした?

この辺りがごちゃごちゃで…
結局どうなってるんですか?

閲覧数:
12,560
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xox********さん

編集あり2014/1/914:23:34

絶対に『RUNWAY』の編集長の立場を手放したくないミランダは、
まず、会長が押しているジャクリーンに“別の道”を探しました。
それが、フォルトのパートナーです。
『RUNWAY』に特に思い入れの無い彼女は、フォルトの“愚かしいほどの高給”に飛びついたので、1つ解決。
そして、次は会長にジャクリーンを諦めさせる交渉です。
自分でなければ『RUNWAY』の編集者は務まらないし、別の人ではたちまち行き詰ってしまうという証明に[リスト]を見せました。
そこに載っているのは、ミランダが育てたデザイナー、カメラマン、編集者、作家、モデルたちで、「ミランダが『RUNWAY』を去る時は、一緒に去る」と約束していました。
彼らがミランダと共に『RUNWAY』を去られてしまうと困る会長は、ミランダの脅しに屈した形で、ミランダの続投を決めました。(解雇するのを諦めました。)

●余談ですが・・
巻き込まれて“ぬか喜び”させられたナイジェルがかわいそう過ぎますよね。ナイジェル好きの私は、ミランダがいつか償ってくれる事を願わずにはいられません。

文章がヘタなので、わかりづらかったらすみません。

質問した人からのコメント

2014/1/10 16:13:48

感謝 すごく解かりやすかったです!
ありがとうございます!!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

f15********さん

2014/1/912:44:13

ジャクリーヌがダイッキライだから自分がくびになって彼女が後任になるのは絶対許せない。


だから裏工作というか裏でフォルトインターナショナルの代表にジャクリーヌをしてやる、とジャクリーヌ本人に持ち掛けたのです。


ナイジェルには泣いて貰うということで。

編集長より代表の方が報酬がいいということもあってジャクリーヌが「乗った」のでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる