ここから本文です

【アメリカ】永住権を視野に入れた子会社設立によるL-1またはE-1ビザの取得について

アバター

ID非公開さん

2014/1/1222:09:49

【アメリカ】永住権を視野に入れた子会社設立によるL-1またはE-1ビザの取得について

私の父は日本で有限会社を営んでおります。
会社の規模は年商5千万円程、従業員4名、パート含め8人程の小さな会社です。

一方私はアメリカにF-1ビザで3年間滞在しております。
来月から父の会社で役員として何年か(最低1年)ナンバー2として働くつもりです。
そこで質問があるのですが

①私たちの会社の条件、規模でもアメリカに子会社を設立し、LビザもしくはEビザで私がアメリカに滞在することはできますか?また資本金投資によるE-2ビザの取得は考えておりません。L-1かE-1ビザの申請を考えております。

②ビザの更新の際に決算など行うと思いますが、アメリカの子会社の運営状況や従業員が増えたか否かは特に問題視されますか?また明確な基準はありますか?

③有限会社なのですが子会社の株の51パーセント以上を所有するために株式会社に変更する必要性はありますか?若しくは変更せずにこのまま有限会社を存続させたほうがベターでしょうか?

宜しくお願い致します

閲覧数:
344
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gbr********さん

2014/1/1315:56:30

同じことを考えてる中国人や韓国人がン万人も申請に殺到してますのでよほどワシントンにコネが深い有力弁護士事務所を使ってください

ホワイトハウスに電話して「ハロー、バラク君、今日はちょっとお願いがあるんだが」と言えるような

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ota********さん

編集あり2014/1/1222:35:22

まぁ本職の方がいらっしゃればもっときちんと書いてくれるでしょうが、自分が知る限りF→L/Eってのはかなり危険な賭け(落とされたら後々面倒)ですね…

どっちもその会社なり同業種なりでかなりのキャリアを積んで始めて下るポジションで学生上がり如きに勤まるはずが無い業務内容、と考えますから。

どちらにせよ本気であるならばこんな所ではなく行くべき所は弁護士事務所です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる