3年ほど前に、「レーシック」手術を受けました。 今までは気付かなかったのですが、「ドライアイ」があったみたいで、以前は気にもならなかったのですが、術後、酷くなったように感じてしまいます。

3年ほど前に、「レーシック」手術を受けました。 今までは気付かなかったのですが、「ドライアイ」があったみたいで、以前は気にもならなかったのですが、術後、酷くなったように感じてしまいます。 今では目薬を手放すことができず、両目の上下の涙点に「涙点プラグ」というものをつけています。 涙がたまりやすいとか・・・。 でもそれでも乾燥してしまい、月に使う目薬の量を金額にすると、6千~8千円になります。 眼科に行っても、症状を抑える程度しかできないようで、ドライアイに対してこれといったことをしていません。 目薬の処方・・・くらいでしょうか。 こういった場合、どうしたら良いでしょうか? はっきり言って、目薬代でこんなにお金がかかるのなら、手術を受けない方が良かったのではないかとまで思ってしまいます。術後の出費も痛いです。 どなたか良い対処法を教えていただけませんか。

生理2,618閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

2

ご存知だとは思いますが、レーシックは角膜中央部に小さなかんなのような刃で角膜片をつくり、それを持ちあげてその下でレーザーによる切除を行い、レーザー照射後に角膜片を元に戻す手術です。そのため、元に戻した角膜片と角膜の間に侵入物が入る危険や、角膜片にしわが発生するなどの欠点があります。おどかす訳ではありませんが、10年、20年後の角膜がどうなるのかも十分わかっていません。 日本眼科学会では手術の条件を以下のように定めています。  1 眼鏡、コンタクトレンズ装用が困難な二十歳以上の人  2 左右の屈折の差が2ジオプター以上ある不同視  3 近視はマイナス3ジオプター以上の安定したもの  4 乱視は2ジオプター以上あるもので  5 矯正量は10ジオプター以内 さらに手術に際しては、この手術の危険性について十分説明してから行うことなどが定められています(強制力はありませんが・・・)。 レーシック手術を受けるときに担当医から上記の内容を説明されましたか?説明されて納得しての施術なら副作用の範囲と思ってあきらめてください。説明を受けていないなら、やぶ医者にあたった悲運をうらみましょう。・・・話がそれてしまいました。すいません。 対処法ですが、涙点プラグ(シリコンプラグによる涙点閉鎖)も装着しているそうなので、主な治療は点眼になります。ただ薬にも種類があります(生理食塩水、人工涙液、リゾチーム溶液、ヒアルロン酸ナトリウム溶液など)ので、どの薬が効くのか先生に相談して試されてみてはいかがでしょう。それでも効果がない場合は他の眼科医(セカンドオピニオン)の受診も検討してみてください。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/6/21 19:58