ここから本文です

ナイフの切れ味って研ぎ方が重要なんでしようか? 始めから切れ味の良いナイフを買...

hak********さん

2014/1/2214:06:46

ナイフの切れ味って研ぎ方が重要なんでしようか? 始めから切れ味の良いナイフを買う方法はないのですか?

ナイフショップから通販でナイフを買うたびに切れ味の悪さにはガッカリさせられますが、
ナイフの切れ味って材質とかより研ぎ方が重要なんでしょうか?

私にはナイフを研ぐ技術も機材も知り合いもいませんし、
始めから切れ味鋭いナイフを買う方法はないのですか?

閲覧数:
3,534
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ber********さん

2014/1/2216:49:26

ちょっと専門的になりますが・・・材質はその物自体の切れ味の限界が違います。切れない素材ですといくら研ぎが良くとも切れ味が長持ちしないなど有ります。

いくら良い素材を使って切れ味が鋭くとも、切れ味は使用とともに鈍ります。その際にはしっかりとした技術を持った人に研いでもらうと良いでしょう。自分でも研ぐのは出来る物ですが切れ味が長持ちしないとか、切れなくなるなどはあるとは思います。

初めから切れ味の良いナイフ・・・普通に売ってる物は大体切れ味が良いですが使用とともに切れなくなり問いでも切れないものが多いはずです。
良いものですと「ナイフ作家」が作っている「実用重視の物」がおススメです。お値段は素材にも寄りますが1万円前後~5~6万程度のものまで様々です。中には鋼材から選んで作ってくれるオーダー物まであります。

因みに私が使っている通称シャガール鋼という鋼材で作られたナイフですが、切れる上に切れ味が長持ちし、さらに潮水に3日漬ける、魚捌いた際の血をそのままにする等、苛酷な環境で使用しても全く錆びません。
お値段はオーダーで作ってもらって6万円弱でしたが、この鋼材自体が現在殆ど存在せず(似たものはある)珍しいので使用感も含めて非常に気に入って使っています。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aka********さん

2014/1/2811:53:40

ナイフに限らず、包丁など刃物全般に言えることですが、
大量生産で製造・出荷される製品には、
時間をかけて刃付けすることは、コスト的にも出来ませんね。
つまり最初に「ある程度」の刃付けだけがなされている製品が殆どです。

また、どんなに良好な刃付けがされていたとしても、
当然、使用するにつれ切れ味が悪くなってしまいます。
ですので、一部の例外を除き、刃物というのは自分で研ぐことが前提なのです。
(セラミック包丁のように自分で研げない素材もありますが・・・)
板前さんなどプロの料理人は毎日研ぐでしょうし、
大工さんが使う刃物も、職人さんは普通自分で研ぎます。

誰でも最初は初心者なのですから、
怖がらずに安い刃物で、研ぎに挑戦してみてはいかがですか?

どうしても出来ないなら研ぎ屋さんに頼むのもありですが、
最近はインターネットで検索すれば、研ぎ方など情報は結構得られますよ!

sen********さん

2014/1/2610:31:14

どんな目的で製造された
ナイフを買ったかによりますよ。

切れ味が良いナイフが良いとは限りませんから。

山の中では切れ味より
刃こぼれしないナイフのが
安心して使えます。

鋭くすると刃こぼれしやすくなります。
タフさを求めると切れ味はありません。

ただ単に切れ味鋭いナイフと言われるなら
カッターナイフをオススメします。

lig********さん

2014/1/2221:25:19

>始めから切れ味の良いナイフを買う方法はないのですか?
仮に初めから切れ味が良くても、使っていくうちに切れ味は落ちます。従って自分で研ぐ、ないし誰かに研いでもらわなければ切れ味の良い刃物は使えません。

もう既に解答に出ていますが、常に切れ味が鋭い刃物はカッターナイフです。研がなくても、折れば切れ味を戻せる世紀の大発明です。

研ぎは練習あるのみですね。刃の形状が若干おかしくなりますが、一応ランスキーシャープナーを使えばどんな下手な人でも研げます。
また、スパイダルコからも普通の砥石よりは研ぎやすいシャープナーが出ています。

砥石を使うならホームセンターで売っている3000円くらいの両面砥石が一番良いです。ナイフはスパイダルコとか買っておけば間違いない刃が付きます。

ryo********さん

編集あり2014/1/2619:02:54

売っている刃物はプロが精妙に研いで最も切れる状態が普通なのですが?
何を切る刃物で、値段はいくらでしょうか。小刀で五千円がラインでしょうね。 材質より砥ぎが切れ味を決めます。「百均」の刃物でも実に鋭い切れ味です。が直ぐ切れなくなります、が砥ぐと切れ味が戻ります。ダイアモンドの砥石も売っておりますので是非購入して(刃附け)の練習することをお勧めいたしす。

出来れば京都の仕上げ砥石(1万円位)での砥ぎをおぼえてください。
技術とか知り合いなどでなく、ただただ練習あるのみです。500円位の切り出しナイフ砥ぎ減って無くなる頃
一定の角度で砥げるようになります。「手が決まる」といいます。・・・・・・・練習あるのみ。近道はありません。

勉強、運動、楽器、話し方、料理、なんでも練習しか上手くなる方法はありません。夢見てるだけでは絶対進歩はありません。

mai********さん

編集あり2014/1/2216:32:35

>始めから切れ味鋭いナイフを買う方法はないのですか?

カッターナイフを 利用してください。

新品は歯止めをしてあります。(本当に切れるようにするには研ぐ必要が有ります)

高価な良品でも、刃物は研ぎ方によって切れ味が違います。


普通は中砥で研ぎますが 仕上げ砥まで使用できれば切れ味も良いです

丸刃に研いだら駄目です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる