ここから本文です

スズキのエネチャージについて

mk2********さん

2014/1/2423:47:43

スズキのエネチャージについて

軽自動車の購入を検討しています。比較対象車はダイハツ タントカスタムとスズキ スペーシアカスタムです。両方とも試乗してきました。スズキにはエネチャージのためのリチウムイオンバッテリーが搭載されており、今現在その交換代としての本体価格は65000円で保証は5年or10万㌔までが付くそうです。5年後~10年後ぐらいには一度そのリチウムイオンバッテリーを交換しなければならないとのことでした。そこで両車両の燃費を比較してみると

タントカスタム
公式発表 28km/l、26km/l(ターボ)、
実燃費 18km/l前後、16km/l前後(ターボ)

スペーシアカスタム
公式発表 27.8km/l、26km/(ターボ)
実燃費 18km/l前後、16km/前後(ターボ)

というようにほぼ一緒です。ちなみに実燃費は店員さんに聞いたものです。

ということはスペーシアカスタムの方が5~10年後に迎えることになる本体価格65000円のリチウムイオンバッテリーの交換代の分だけ経済的な負担を負っているということになりますでしょうか?スズキの店員さんにズバリ聞いてみたいところ、うまくかわされてしまいました。エネチャージがある方が確かに環境には良いと思います。でも、エネチャージがついているおかげで、タントよりも1.5~2倍くらい燃費で得をしますというのなら話はわかりますが、燃費はあまりかわらず、エネチャージがついている分だけ5~10年後に本体価格65000円の経済負担になりますということであれば、ちょっと考えてしまいます。(将来的にエネチャージの本体価格はもっと出回れば安くなるだろうと店員さんが言っていました。)

いかがでしょうか?詳しい方、ご回答よろしくお願いします。

閲覧数:
23,608
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

asa********さん

2014/1/2502:14:54

昨今のどのハイブリットカーでも新車購入のオーナーが手放すまでは
とりあえず持ってくれるとは言われていますね。

5年以上、まして10万キロとなれば丁度乗り換え時で
下取りもあまり付かない状態からそう言われているのかもしれません。



例えばスペーシアが気に入っていたのにタントで我慢となった場合
65000円払っても交換は出来ません。

どちらも同じコンセプトの車種ですから
見た目・乗り心地・使い勝手・安全性など
車としての本質で比べるのが良いと思います。
いくら安くても、我慢しながら乗る車は運転が苦痛です。

さほど差は感じられず、どちらでも良いというのであれば
燃費や維持費の安い方を選ぶのが良いでしょう。

質問した人からのコメント

2014/1/27 11:11:11

確かに安いからと言って我慢しながら乗るのは苦痛ですね。一番大切なことを忘れていました。ありがとうごじゃいました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

akk********さん

2014/1/2514:28:58

エネチャージのリチウムイオンバッテリーを交換する人いるかですね
ハイブリッド用の電池の交換もほとんどしていませんからね
それにエネチャージ用のバッテリー容量が少し減ってもそんなに燃費に影響するとは思えません

もし、何万台もの交換が必要になればもっと安くなりますよ
リチウムイオン電池の価格は年々値下がりしています

パソコンと同じで正規品だと3万円のリチウム電池が互換品だと数千円で販売されていますから
これに目を付けて販売してくる業者も出てくると思われます
たぶん交換前にほとんどの人が乗り換えていると思われますが

気にせず好きな車を選んぶべきだと思いますよ

zui********さん

2014/1/2509:45:22

5年~10年で必ず交換する必要があるのかどうか?償却してるように思います
5年先も同じ価格かどうかわからないですが、(おそらく下がるでしょうが。。。)
保証は5年or10万㌔と言う事は、略 交換が不要と言う事です 何年 何万キロ乗るのかわかりませんが
気にするレベルでしょうか?
同様にこの2台の違いとリスクを考えるなら、
○タントは軽量化の為 樹脂製のパーツが多様されています。同じようにぶつけて 板金で安く直るケースが、交換が必要で修理代が高くなると言うシュミレーションも出来ると思いませんか?

燃費の数値もいいですが、試乗して気にいった方を購入するのがベストですよ

太郎田さん

2014/1/2505:12:15

まだ比較的新しい技術でもありますし、バッテリーもニッケル水素ではなくリチウムイオンですから現時点でこの価格は仕方ありません。しかし、後に改良されてもっと市場に出回ればコストも下がるかもしれません(もちろんスズキとそのバッテリーの製造元である東芝の努力も必要ですが)。

私ならスペーシアとタントなら間違いなくスペーシアにします。エネチャージはもちろんですが、一番の理由はタントのタイヤとサスペンションが韓国製だから。これは最近のダイハツ車全般なんですが、コーナー曲がるとき後ろから見ていて明らかに他メーカーの車種より大きくロールしていて今にもひっくり返りそうなくらい恐ろしいです。やっぱり車は人の命を預けているわけですから、そんなとこまでコストダウンしないでほしいものです。

vvt********さん

2014/1/2500:37:51

下のかた間違えてらっしゃいますね!
スズキはタンク容量27ですよ?
タントなどダイハツは30です!
さほどどやこやいうほどの差はありません!^_^

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる