ここから本文です

図書館に司書、博物館は学芸員、では美術館は何ですか?

トマト大好きだよさん

2014/1/2603:13:46

図書館に司書、博物館は学芸員、では美術館は何ですか?

また、司書と学芸員はどちらが採用あるのでしょうか?

司書になるには、やはり本がすきでないといけませんか?

閲覧数:
1,562
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2014/1/2607:33:55

>図書館に司書、博物館は学芸員、では美術館は何ですか?

>また、司書と学芸員はどちらが採用あるのでしょうか?

>司書になるには、やはり本がすきでないといけませんか?


博物館と同じく学芸員です。

水族館や植物園も学芸員ですよ。

無論のこと専門分野は違いますが、資格としては同じです。

「資格が必須」な学芸員が“就職出来れば奇跡”ですね。

どちらも資格を取るのは簡単ですが、資格を取った人間のうち95%はその資格が就職には結びつきません。

正社員の求人は少ないが、学芸員の求人は正社員だけでなく、派遣やバイトでも本当に少ないです。

求人の数を考えると、司書です。

就職だけを考えるのであれば、司書のが有利だといえます。

書籍の好き嫌いと、職業としての司書は、関係有りません。

そして、「好きでないといけない」わけではないと思いますが、できれば好きな方がいいと思いますよ。

司書の資格を取るまでの勉強でも、ある程度は本に興味がないと、ついていけないところもあります。

司書になった後でも、本が好きな方が「利用者のためにこうした方がいい」という考え方ができるように思います。

質問した人からのコメント

2014/1/26 23:15:58

降参 どちらも採用ないですね。
詳しく有り難う。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gre********さん

2014/1/2606:43:04

美術館も学芸員です。

司書も学芸員も(正規の)採用はほとんどありません。
どちらが多いかというと司書のほうですが、それでもかなり難しいです。
公共図書館では年に百数十人くらいしか採用はありませんから、司書資格を取った程度(毎年1万人)ではほとんど就職不可能です。

本が好きである必要はありませんが、嫌いだと仕事になりませんね。

mac********さん

2014/1/2603:16:43

国会図書館で勤務したいとかでなければ、司書の求人は多いです。
地方の図書館ならみんなすぐに辞めるので、待っていればなれます。

学芸員は難しいですね。運とタイミング。そして専門性が必要です。

司書になるのに本が好きである必要はありませんが、
本を読むのが苦痛なひとは無理でしょう。
レファンレンスサービスと言って、依頼があれば調査する仕事があるからです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる