コープランド東京などでの屋根塗装を考えています。 コープランド東京を利用したことのある方、または屋根塗装を業者に依頼したことのある方に相談です。

リフォーム662閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

生協の系列なら低価格でも納得できます。詳しくありがとうございました。

お礼日時:2014/1/28 22:43

その他の回答(2件)

0

スーパーのコープなどを運営している生活協同組合という事実上は「会社」が行っているリフォーム部門です。ホームセンターのリフォーム部門とさほど変わらないかと・・・・。施工する社員を持たないところですので、施工するのは100%下請けとなります。 下請けを使うことが悪いとは思いませんが、塗装の場合、まともに工事を行うならば安くなることは先ずないです。常識で考えると分かりますが、原価が同じならばコープランドさんが中間業者として取る分が消費者への価格に足されます。しかし、安さを前面に出した広告を打っているようなので、原価を低く抑えているのではないかと思います。安さだけを求めるのならば良いでしょうが・・・・原価が低いものは、それなりです。 コープランド東京さんがそうだということではなく、下請けを使う会社についての一般論を書きますので誤解なくお願いします。 下請けを使うことは企業的にはメリットがありますが、消費者にとってはデメリットが多いです。 冷凍食品への毒物混入事件でも浮き彫りになったように、「契約社員」(下請けともいえます)は立場が弱いので待遇を低くされたり、賃金を削られたり、過酷なノルマを課されたりしてしまいます。そうなると、作業している人は何とか楽な方法を取ろうという意識が強くなり「うまく手抜きをすること」を覚えます。管理側には分からないようにサボり、手を抜くのです。そして度を超すと毒物混入のような破壊活動などを引き起こします。 建設業でも同じようなことが起こります。 工事中に欠陥や壊れている箇所を発見しても面倒だと見て見ないふりをしたり、そもそもそれを理解できる知識を持ち合わせていないレベルの職人が工事をしていたり・・・ということが多く報告されています。 また、管理している側にも問題があるケースがあります。 ただでさえ見た目よりも難しい建築において、中途半端な知識しか持ってない者が管理をしても職人は、その人間のレベルを見透かして、それなりの仕事しかしないことも少なくありません。要するに、バカにするのです。 高級腕時計やハイブランドの特に高価なものは全て自社工房で作られています。やはり、良いものは下請け任せでは作れないのではないかと思います。

0

コープランドという業者はしりませんが、屋根塗装は基本は下塗り一回、上塗り二回です。 現在の屋根の劣化具合によっては下塗りを二回は塗ります。 屋根塗装は数年後のトラブルが希にあります。 塗装業者の手抜き、知識不足による塗装の剥離、著しい退色、劣化等です。 あと、塗装後に縁切りという作業を行わなければ、屋根からの漏水して、大問題になります。 まずは複数の塗装会社に見積もりを出して、安心して任せられる所を探した方が良いと思います。 単純に値段が安いだけの業者は適当な所が多いです。 高くても良いとは限りませんが、知識と技術のある業者さんを探してみては?