ここから本文です

「転職会議」というサイトに退職した会社のことを記載したところ削除依頼が来まし...

gbr********さん

2014/1/2921:33:12

「転職会議」というサイトに退職した会社のことを記載したところ削除依頼が来ました。

退職した会社のことについて「転職会議」というサイトにコメントをしました。

先日、転職会議から「権利者から削除依頼が出てる」というメールが届きました。

削除依頼理由としては名誉棄損、業務妨害といったことが書かれておりました。

前職で、もらえるはずだった資格支援の補助金(5万)をもらえなかったことや、常駐先で振られる仕事(正直おもしろくない雑用)の種類について記載しました。

嘘は書いてませんが、これって訴えられたりするのでしょうか?正直、文章の中身で私だと特定できてしまう内容なんです。削除に応じるとしたところ、送信防止措置手続きを講じるとメッセージがありました。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
30,775
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ber********さん

リクエストマッチ

2014/1/2922:10:56

単なる嫌がらせとしての報復にとどめる可能性も考えられますけどね…

ただ、質問者さんの記述の内容が告発的か客観的かは、ご自身の意識を越え読み手側の印象に任せねばならない部分がありますから、誰しもが告発的と思う場合、嫌がらせではなく「本気」である可能性がうんと高くなります。

既に削除できなくなっている場合、いかな経緯があった退職先でも謝罪の訪問に伺って様子を知るべきで、その場でもかんかんに怒り狂って容赦がない場合、質問者さんはそれ以上の謝罪はあきらめ、地域の弁護士事務所で善後策を協議することになります。

そこまでの事態にはならないと第三者は思うのですが、質問者さんの書き込み内容を見ていませんので推測のしようもないことです。

質問者さんが特定されてしまっている以上、当事者を突きとめるための予備的行為ということはなく、あくまで嫌がらせか本気のどちらかです。最悪の事態への対処も一応は考えておくべき局面かと…

※相手は法人組織でも、莫大な額の賠償請求にはならないです。そういう意味では、「本気」という嫌がらせの可能性もあります

質問した人からのコメント

2014/1/30 12:15:42

先ほどサイトを確認したら、訴訟を控えてる場合と警察・裁判所の依頼がある場合以外は情報開示をしないと書いてありました。開示したとしてもIPアドレス・ホスト・ブラウザ
・投稿日時 のみだそうで、訴訟の場合のリターン(賠償金)など考えると企業がやるとも思えないので、削除されて終わりと思います。今後ネットの書き込みには十分気を付けることにします。迅速なご回答ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる