ここから本文です

公益財団法人に移行した日本相撲協会は1月31日、東京・両国国技館で新法人の理...

田原星 現場さん

2014/1/3116:22:13

公益財団法人に移行した日本相撲協会は1月31日、東京・両国国技館で新法人の理事候補を決める選挙で全親方による投票を実施し、協会ナンバー2の事業部長を務める現職の九重理事(元横綱千代の富士)が落選した。

昭和を代表する大横綱であり協会ナンバー2の九重親方がなぜ理事になれなかったのでしょうか?

閲覧数:
397
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/2/211:56:50

やはりこの知恵袋でも多く書かれている通り千代の富士の協会内の人望が無いということでしょう。
九重(元横綱・千代の富士)の弟弟子である八角(元横綱・北勝海)が高砂一門から理事に推薦され、理事に当選しました。
高砂一門は、出羽一門やニ所一門と比較しても弱小ですから一人だけの出馬にならざるを得ません。
本来だったら大横綱だった千代の富士が、高砂一門の代表として理事選挙に出馬するのが筋です。
しかし高砂一門の代表として八角が選出されました。
このことを考えても九重が如何に一門内でも人望が無い証だと思います。
高砂一門の総帥である朝潮は、かつての朝青龍の不祥事の件で理事を辞職せざる得なかったし、このことから今回の理事選挙に出馬しなかったと思いますが。
八角は、一門だけでなく協会内でも人望があったようで早くから幹部候補だったようです。
また九重が理事に就任出来たのは、高砂(元大関・朝潮)が例の朝青龍の不祥事の件で辞任したためです。
決して千代の富士の人望があったからでは、ありません。
前回の理事選挙の九重の当選は、ぎりぎりだったようで、力士や親方の実績の割りに協会内の評価が低いです。
千代の富士は力士としても親方としても申し分の無い実績を上げていますが、人望が無いために理事になれませんでした。
当然九重は、理事として相撲協会の直接的な経営に関わることが出来なくなりました。
これは、一般の企業社会でも仕事が有能なことから部長などの中間管理職までは昇進出来ても周りの人の人望が無いために経営に直接関与する取締役に昇進出来ない事と同じだと思います。

質問した人からのコメント

2014/2/2 11:58:01

なるほどですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる