ここから本文です

マイクロフォーサーズのミラーレス一眼は”中途半端”だからそのうち消えると言う人...

ちょすっとさん

2014/2/306:13:22

マイクロフォーサーズのミラーレス一眼は”中途半端”だからそのうち消えると言う人がいましたが、本当にそうでしょうか?

補足それではAPSの一眼レフは皆さんは中途半端(フルサイズのほうがいい)だと思いますか?

閲覧数:
2,240
回答数:
11
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

編集あり2014/2/323:18:52

何を持って中途半端というか分かりませんが、
35mmであれ、中判であれ中途半端です。
カメラに万能のものはありません。(優劣も)
用途による向き不向きがあるだけです。

μ4/3否定論の方々は「センサーサイズが小さい」ことを
論拠にされているようですが、Nikon1が滅びるとは言われません。
(圧倒的多数のNikon派が怖いのかな?)

ま、愚にもつかない論拠よりもメリットとして
レンズを含めたシステムとしては、風景撮り専門の私にはありがたいです。
絞らなくともパンフォーカスにし易いので
絞ることによる弊害から逃れることが出来る。
(高感度、低速シャッター、小絞りボケ等々)
35mmも使いますが、意図によっては16で間に合わない場合もあり
22とか32まで絞ると結構弊害がでますし。
(それでも35mmのメリットは大きいけど)

またシステム全体でも軽量コンパクトなのでレンズ1本を余分に持って
山の中や沢筋に入っていくことが出来ます。

用途によって使い分けが出来ない方には不必要に見えるのかも知れませんね。

--------------------------------------

カメラの歴史を考えれば、35mmというのは資産もたくさんあり
本来であればデジタルカメラも35mmでいきたかったはずです。
ただ、当時の技術では安価に歩留まり良く大量生産する術がありませんでした。

現在(そして将来)の生産技術と35mmの有形無形の資産を考えれば
そちらにシフトしていく、もしくはもっと大型のセンサーに移行する
ということはあるかも知れません。
(そうすればレンズ需要の喚起という、一粒で二度美味しい効果もある)

個人としてはAPS-Cは中途半端なセンサーだと思います。
過度に小さくすると光学性能に影響がでやすく、
ある程度ボディやレンズを大きくしなければならない。
なら35mmでいいのでは?という思いもあります。

ただ「カメラの出来映え」は別問題で、
メーカーとしては多くの売り上げを期待できるボリュームゾーンだけに
力の入った製品をそれぞれ出しており、中途半端どころかいいものが
沢山あります。
(この辺りは矛盾していると分かっているのですが)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2014/2/814:28:22

マイクロフォーサーズが、未来永劫続くとは思えませんが、逆に短期間で消えることは無いと信じたいです。
しかし、ミラーレスのカテゴリー自体が、現在難しいところにきています。
ミラーレスをメインに作っているメーカーが、全く儲かっていない(赤字)だからです。経済的に成り立っていない
カメラシステム群が、残念ながら長続きするとは考えにくいです。
特に、欧米では、ミラーレスシステムは敗退したと考えて良いです。最近、全くシェアが増えてないです。
中国でもミラーレスは弱いです。
なお、APSの一眼レフは、中途半端ではないと思います。フルサイズにはフルサイズの利点があります。
ボケが大きいとか、画質が良いとか。逆に、APSの一眼レフは、割安ですし、少しコンパクトです。

f4l********さん

2014/2/323:47:00

本当にそうか?なんて分かる人はいないでしょうけれど、
あんまり儲かってないみたいですよね~
サムスンあたりに身売りする可能性は結構あるカモ。

inc********さん

2014/2/321:58:45

カメラ業界というのは新規と廃止を50年以上も繰り返している業界です。結局フイルムからデジタルの過程で自力で生き残れたのはCanon EOS, Nikon F マウントの2つだけでした。歴史を見ると技術的な要因より会社の経営状態が大きく影響しています。

マイクロフォーサーズもAPS-Cもセンサが高いという理由で発売された面が大きいシステムです。だから両方共何れは無くなると思います。但し、APS-CはCanon, Nikon, SONY という世界の上位3社が採用しているシステムです。マイクロフォーサーズがAPS-Cよりセンサが小さい点や、パナソニックやオリンパスの経営状況を見ていると先に無くなるのはマイクロフォーサーズでしょうね。

lll********さん

2014/2/320:26:02

うわさではミラーレスでオリンパスが一番売れていると言われています
しかし決算では赤字です。
これはどういうことか??
ソニーに頼るしかない状態です。
こんなことでやっていけるのでしょうか?
ソニーもオリンパスのカメラ部門を支える程の体力はありません。
パナソニックも大企業であるがゆえに落ちる時はあっと言う間です。
家電が売れず苦しんでいるんじゃないでしょうか?
去年おととしと巨額の赤字じゃなかったでしょうか?
今年は回復したんでしょうか?
カメラなど儲からないものをやっている場合なのかどうか

ユーザーが中途半端とかどう思うかに関係なく
メーカーが無くなれば規格もなくなります。

時代の流れ的にフルサイズだと思います。
フルサイズが手に届くのにあえてAPS-Cを買う必要性はないと思う。
違いがわからなくてもフルサイズに流れて行くのではないかと思います。
ガラケーからスマホに皆が流れて行ったように。

veilchanさん

2014/2/314:30:08

マイクロフォーサーズを愛用していますが、APS-Cよりは小さ目だから、カメラ本体もレンズ本体もコンパクトにさせやすいですし、深度が浅いからボケづらいとも言われますが、F0.95やF1.2やF1.4と十分に明るいレンズも揃い始めてきているので、ますますカメラを楽しめる素材が揃ってきていると思いますよ。

マイクロフォーサーズは軽さ・コンパクトさでの機動性も1つの武器だと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる