ここから本文です

水性と油性はどのように違いますか?

mqd********さん

2007/7/120:41:13

水性と油性はどのように違いますか?

ペンからイメージしたら水性は落ちる・油性は落ちないと思っていました。ですが本日ペンキを買いに行ったら水性に外壁用ペンキがありました。外壁用なのに水性で大丈夫なのでしょうか?というか私のイメージ違いなのでしょうか?

閲覧数:
11,064
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yel********さん

2007/7/122:21:30

塗料の構成には、塗膜成分によって、油系、水系、アルコール系に分けられます。

塗料の分子構造は、基本的に油系も水系もアルコール系も同じで、1個の顔料に樹脂がコーティングされて、それぞれ互いに結びつかないように、油だったり、水だったり、アルコールで切り離しています。

ですから、乾燥すると、油や水、アルコールの分子が蒸発して、顔料をコーティングしていた樹脂同士が結びついて、塗装となります。

樹脂の特性により、油系で切り離せる樹脂と水系で切り離せる樹脂に別れ、水系に合う樹脂の塗料が、水性塗料となります。

水彩絵の具には、塗料で使う樹脂が含まれていませんから、乾いても水に溶けますが、水系塗料には、樹脂が含まれていますから、乾燥後は水をかけても流れ落ちません。

ですから、樹脂によって溶液が違うだけで、乾燥すれば、油系も水系も同じ状態となりますので、水系外部塗料として使用できるのです。

ただ、どうしても、水系の樹脂の方が、油系の樹脂に比べると、塗る物(木部、鉄部)によっては保ちが弱いですが、こまめに塗装すれば丈夫に保てます。

でも、油系も水系の塗料も、塗装する前のケレン掃除をしなければ保ちませんよ。

ペンキ屋

質問した人からのコメント

2007/7/3 10:51:33

成功 めちゃくちゃ勉強になりました。塗装はとりあえず樹脂が入っているので、落ちないと覚えておいたほうがいいですね?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる