ここから本文です

建築確認申請について教えてください。 指定外区域の床面積110㎡の鉄骨建物を...

e2o********さん

2007/7/222:05:25

建築確認申請について教えてください。
指定外区域の床面積110㎡の鉄骨建物を、特殊構造物(合宿所)に改築したいと思っています。出来れば確認申請なしで、早く、しかも安く改築するにはどうしたらよいでしょうか

100㎡以下だと、建築確認申請をしなくてもよいと聞きました。10㎡分取り壊して100㎡の建物に改築するという方法が一つあると思います。その方法の他に、時間がかからず、出来れば取り壊さずに済むような何か良い方法はないでしょうか?

閲覧数:
3,288
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gog********さん

編集あり2007/7/318:52:08

解釈が全く違います。
>100㎡以下だと、建築確認申請をしなくてもよいと聞きました。
10m2以下の間違いですよ。

特殊建築物で、
100m2以上は1号建築物
100m2以下で鉄骨造2階建て以上なら3号建築物
100m2以下で鉄骨造平屋建て4号建築物
なので、今回は1号建築物です。
用途変更でも、下宿から寄宿舎への変更でない限り、確認申請は必要です。

先月から建築基準法改正に伴い、確認申請がかなり厳しくなりましたし、
鉄骨造は現在の構造基準に合わせる必要があります。
その他法令も今現在のものに準拠させなければいけないので、
どっちみち大規模改修が必要だと思いますよ。
http://www.kakunin-s.com/dl/kakunin/kaisei/kaiseifaq_070702.pdf

補足:
10m2を超えて除却するのは改築の確認申請を要します。
10m2以内の除却なら要らないです。
この後に100m2を超えた建物なら用途変更の確認が要るし、
100m2以内の用途変更なら要らないです。
更に元の用途が下宿なら要らないと思います。
面積が超えてとか以内とかシビアになって来そうですね。
どの確認申請が要る事になっても建物全部について、
現在の建築基準法・消防法など諸々の法令に適合させる必要が出てくる、という意味です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sid********さん

2007/7/310:22:42

積極的に指示するつもりはありませんが、法を逃れるためにはそのような方法があるでしょう。
手順的には、一部を解体し100㎡以下の建物にする、その後に合宿所に改修する、でしょうか。
用途変更の確認申請は必要なくなります。

但し、「用途変更の確認申請」という行為が必要なくなるだけであって、工事内容は、当然、法規定に則ったものでなければなりませんので、お間違いなく。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる