ここから本文です

スーパーではおつとめ品と言うものがありますよね。 おつとめ・・・とはどうい...

asdfgtftfgftfさん

2014/2/1410:19:07

スーパーではおつとめ品と言うものがありますよね。

おつとめ・・・とはどういう意味なんですか?

閲覧数:
1,717
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

g27xxxxxさん

2014/2/1411:03:01

お“つとめ”…

漢字にすると、
勤め、務め、努め、勉め…
が当てはまります。

いずれも「励む」「努力する」、
他には「責任を果たす」というような意味が含まれます。

つまり「店の役割、責任として、
お客様の為に安い値段で売れるように、
一生懸命努力しましたよ」
と、自画自賛してるワケです。

客はその「おつとめ」という文字を見て、
本当に努力して安くなってるのかを、自分の目で確めてから、
「おつとめ」が本当だと感じたら、買おうかな…と思う訳です。

質問した人からのコメント

2014/2/20 06:46:12

成功 回答ありがとうございました。
そういう意味だったんですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

edotikakoさん

2014/2/1423:44:59

おつとめ品とは奉仕品と解釈しています。
昔は、長上(目上の人)に対して奉仕(おつとめ)していたのが、現代では、おつとめする対象が変わったというところでしょうか。そして、それは、実際の奉仕ということではなしに、その奉仕する労働力を金額に変えて、その分、割り引させていただきます。奉仕額をお客様に還元いたしますという意味だと解釈しています。

emma_o_nuelさん

2014/2/1412:03:24

『デジタル大辞泉』によれば、

お-つとめ【御勤め】③商人が客に奉仕すること。サービス。

です。

さらに、『新漢語林』で【御勤め】の【勤】を調べてみますと、

【勤】①つと-める。いそ-しむ。はたらく。心力をつくす。

とありました。

つまり、お-つとめ【御勤め】は、心の力を注いでお客さまにつくすこと、お客さまに奉仕すること、サービスすること。

ですから、「おつとめ品」=店側がお客さまのために心をつくした商品ということになりますね。

2014/2/1410:51:23

売る側の立場として、特に頑張って(努力すて→努めて)安くするという意味なのではないでしょうか。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。