ここから本文です

バッテリー(投手、捕手)の練習法

sak********さん

2014/2/1622:00:36

バッテリー(投手、捕手)の練習法

少年野球の指導をしております。
お知恵を拝借いただければと思い質問をさせていただきます。

バッテリーの練習や育成法はなかなか難しいですよね。
いつもその世代のセンスのある子どもたちに助けられているような感じがして、
自分で育て上げたという自信や実感はありません。

・投げ込み
・走り込み
・試合前調整
・投球術(緩急)
・牽制
・バント処理
・内野との連携
やるべきことは、たくさんありますが、
皆さんのチームでは上記の練習について、どういった練習を取り入れ、
どのくらいの量を子どもたちにさせているのでしょうか。
また、例えば他の内外野の子どもたちとは全く別のメニューでの練習が多いのでしょうか。

当方は、平日2回の夕方と土曜日の計3回が練習日で、日曜は試合か試合がない日は休みにしています。

閲覧数:
1,928
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2014/2/1713:39:48

こんにちは

私も学童野球の監督を8年ほどさせて頂いております。

貴兄の仰る通り、バッテリーの育成については非常に難しいかもしれません。
それだけ、ことチームとして考えた場合、また学童野球の中ではバッテリーと言うポイントの大きさは格段に大きく、「バッテリーが良ければ…」と言うことも頷けますよね。

内容としては、私どもも貴兄の仰る内容となんら変わりはありません。
一つだけ特に注意しているポイントは「野球肘」についてです。

成長段階にある小学生の骨は柔らかく変形しやすいため、過度の投げ込みが無くとも野球肘になり得るもので、先々に取り返しのつかないことにもなりますから。
とは言え、しっかりとした投球フォームの確立、アイシングなどのケア、日頃の練習で身に付く自己治癒(再生)力の向上などを父兄にも話をしております。
小学生時での野球肘は、今後に左右するものなので慎重にすべきとの論理で、特に「投げ込み」ついては私自身は否定的でして、小学生のうちは基本練習の中で充分投げる要素がありますので、あくまでもコントロール重視の調整程度で毎日行ったりもせずに、感触を確かめる程度で不定期に行っています。

野球肘については、下記URLにてご覧になってみてください。
http://www.bookhousehd.com/pdffile/msm145.pdf#search='%E5%B0%8F%E5%...

「投げ込み」以外には貴兄の仰る内容で私達も同じ取組みをしております。
投内を含む、連係プレーに関しましては、基本的に外野を含み全体で行うようにしております。
出来るだけ、外野の選手も同じことを学ばせるように心がけているためです。
牽制練習はカバーリングもありますので全体での練習と特に二塁けん制については、投手、捕手、二塁手、遊撃手の4選手での特別練習を時期的にかなり時間を割いて行うようにしています。
この個別練習は打撃練習時に、一角を使ってやることで無駄を省くようにしています。
また投手については個別練習(回転、足の運びなどのコツも含めて)にも取り入れています。

走り込みに関しては、我々もかなりやりますね。
これも全体練習で行いますが、どちらかと言えば、タイムインターバルが主体で、個別のメニューでも下半身強化は取り入れています。

個別指導としては、
バッテリー
・配球(投球術:緩急、配球)
・打者心理
・投手心理
・牽制
投手
・投球フォームの調整
・コントロールへの不安解消と自信の植え付け
などは、不定期ですが予習復習として、出来るだけ試合前、試合後に行うようにしています。


実は私も高校時代遊離軟骨で手術はしませんでしたが、未だに腕はしっかり伸びません。
それまで野球肘には無縁でしたが、それだけに出来るだけ慎重にしております。

貴兄のチームは週二の平日練習もあるとのことなので、野球に触れる機会も多く羨ましいです(笑)
投手に関しては特に根を詰めることなくご指導されることをお奨めします。

お互い大変ですが、逆の喜びを感じながら指導していければ良いですね!!

なかなかまとまらず長文失礼いたしましたf(^^;)

質問した人からのコメント

2014/2/23 21:08:50

ご助言いろいろとありがとうございました!
野球肘についてはテキストを参考にし、勉強させていただきます。
ここは大事なところですね。どうしても経験則に流されてしまうところがありますので。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kob********さん

2014/2/1700:34:14

まず
投げ込みと走り込み・・どんな内容・量なんでしょう?
ただやみくもに投げてもムダです。テーマを決めて投げる必要があります。「外角への制球を向上させたい」とか、「内角を厳しく攻めたい」とか、「実戦さながら→セットで投げる。クイックで投げる」とか・・・勿論、小学生ですから球数の制限が必要です。制球を上げたいなら距離を近めにして投げるというのも一つの方法です。
走りも、長距離はあまりお勧めしません。よく「とりあえずグラウンド10周しろ!」なんて監督がいますが、???です。
それならば、15m・30m・50mぐらいのダッシュをまとまった本数(タイム計測)走らせる方がよほど効果もあるし、体力もつきますよ。
緩急は・・スローボールを投げる光景がありますが、個人的には練習の必要はないと思います。実戦ではボールでいいから見せる程度でいいと思いますし、わざわざ練習したところでそんなものは中学・高校では使いませんから。それよりは、ストレートの球速を少しでいいから使い分ける方がいいと思います。100%の真っ直ぐ・8割程度・7割程度など・・ただ、それらもやはり制球力が必要なのでこれは練習が必要でしょうね。
牽制・バント処理は、これは基本を叩き込んだ上で、あとは実戦形式で走者をつけるしかありません。二塁牽制は二遊間の指導も必要ですから・・
試合前の調整は、疲れを残さないように体調管理に徹し、気持ちがプラスになるような声かけをしてもらいたいですね。日曜が公式戦なのに、土曜に練習試合を入れているチームも見かけます。当然、エースは連投になるわけで、正直、何を考えているのか?と思います。

日曜が練習なしのため時間が足りないので、平日は個人向け練習、土曜は全体練習に時間を割くのがいいでしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる