ここから本文です

車のフロントグリルを段ボールなどで覆っている車が走っているのを見かけますが 何...

bus********さん

2014/2/1715:38:39

車のフロントグリルを段ボールなどで覆っている車が走っているのを見かけますが 何のためですか?

閲覧数:
301
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nis********さん

2014/2/1716:03:19

冷却水の冷え過ぎを防ぐ為にラジエターを塞いでいるか

もしくはセンセーショナルな私達の知らない何処かで流行っているドレスアップなのかも知れません。

風の噂ではAmazonのダンボールをつけている車が一番カッコいいとの事です

質問した人からのコメント

2014/2/19 06:14:35

ありがとうございました◎

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fuk********さん

2014/2/1720:39:44

オーバークール防止です!
燃費向上しますよ!

オーバークール防止です!
燃費向上しますよ!

asa********さん

2014/2/1717:40:10

ラジエータを冷えすぎないようにして、暖房を強くするためです

sac********さん

2014/2/1716:42:37

プリウス乗りの方々では、有名な節約術ですね。

sin********さん

2014/2/1716:10:34

最近は見かけませんよね?極東ロシアでは今だに多いですが・・・・
エンジンを冷やすラジエターの風を段ボールなどで封じ冷却水の熱を上げるのが目的で結果的に室内のヒーターから暖かい風を出すということです。ラジエターに入っている不凍液(水)を利用しヒーターに導き室内を暖める仕組みで最近の日本車では考えられないですが 冬はエンジンが暖まりにくく夏はオーバーヒートする車にはとっておきの手段です。但しこれを夏にしてしまうと たちまちオーバーヒートします。 つまり冬に暖まらないエンジンは冷却装置の性能が低いため夏にオーバーヒートしやすいのです。
最近の車では故障以外に段ボールなど必要ありません。

但し、サーモスタット・ウオータポンプ・ベルトの破損・ヒーターバルブの不具合でオーバーヒートやオーバークールになります。

段ボールを貼って走行している車両はオーバークールを回避しています。


補足
オーバークールに陥ると まず燃費が悪くなり最悪プラグでは点火できずエンストします。排気ガスも一酸化窒素が増大し これまたよくありません。
エンジンは わがままなので熱すぎても冷えても 本気で走ってくれません。
参考になりましたでしょうか。

この段ボール作戦は昭和の冬の風物詩でしたよ。

lau********さん

2014/2/1715:46:54

パッと思い付く限りではオーバークール防止。
チューニングカー等で大容量ラジエターに交換したはいいけど、冬場は水温が下がり過ぎる場合。
もしくはサーモスタットが故障してる(開きっぱなし)等で水温が下がり過ぎる場合。

真実はそのクルマの人に聞かないと分からないでしょうけどね…

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる