ここから本文です

第二外国語 中国か朝鮮か。 私は4月で大学になるのですが、第二外国語を選ぶの...

toh********さん

2014/3/716:51:46

第二外国語 中国か朝鮮か。

私は4月で大学になるのですが、第二外国語を選ぶのに困っています。

私は台湾ドラマを見始めてから台湾が好きになり、話し方も好きで、将来台湾に留学に行っ

たりしたいと思っています。


*そこで、大学で習う中国語というのは、台湾の話し方と違うのでしょうか?違うのならいっそ朝鮮語を習って(韓国も好きなので)、台湾語は独学で少しずつ勉強していこうかなと思うのですが、どうなんしょうか?

教えて頂きたいです(T ^ T)

閲覧数:
302
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pap********さん

2014/3/718:49:57

中国語がいいんじゃないかな~と思います。
単純に中国語話す人間のほうが人口が多いからっていうのもありますが。

韓国語って文法が日本語と似ているので
独学で勉強して韓国語が話せるっていう人、周りにけっこういます。
なかにはハングルは読めないけど…っていう人もいますが。

ことばを勉強するときってやっぱりその言葉が使われている
国や地域の文化に興味がないと続かないと思うんですよね。
なので台湾ドラマが好きなら中国語を勉強したほうがいいと思います。
(あ、でも韓国も好きなんですよね…)

独学でどちらかを、というのでしたら韓国語を独学で勉強したほうがよいと思います。
第二外国語って週1コマ、2年とかでしたよね(違ったらすみません)。
あんまり考えないで、直観で勉強してみたい!っていうほうでいいような気もします。

大学で習う中国語は、たぶん大陸で話されている中国語だと思います。
中国語は北京語が標準です。日本語の標準が東京弁なのと同じです。

大陸の中国語と台湾で話されている中国語は、ちょっと違います。
(台湾で話されている中国語=台湾語じゃないですよ)
発音や言い回し、固有名詞などもちょっとづつ違います。
でも通じないということはありません。

たとえばそり舌音は台湾人はほとんど使いません。
(使うのは後から台湾へ来た外省人かそれを家族に持つ人くらい)

台湾で語学留学してても、学校の教科書は北京語を教えるものなので
そり舌を習うけれど街中の人は使わないのです。先生も大陸よりの人じゃないと使わない。
文法も実際の台湾人は「こんな言い方しない」「こんなふうに読まない」というのがよくあります。
わたしが習った先生もこの点に関しては苦言を呈していました。

なので、言いたいことは、大陸と台湾の中国語が違う、というのは
後から学んでいけばいいことなので、最初は基本の文法や発音は
どこの人からどこのスタイルの中国語を習っても大差はないと思うということです。

むしろ、台湾でしか中国語を勉強したことがない人は
大陸の人が何を言っているか分からないし、
台湾式の発音しかできませんので、大陸に行って中国語を話すと
「いなかもんの中国語」と言われる、と聞いたことがあります。
(中国大陸でも北京以外では北京語を話してないし、あれだけ広い国土ですから
ほとんどの人が「なまった中国語」を話しているとも言えるんですけどね)

台湾留学したいのだったら、まず日本で基本の発音とか文法は勉強しては。
それから台湾ドラマを観ると大陸のとどこが違うのか、よく分かると思います。

余談ですが、ピンインだけじゃなくて注音も独学でも勉強しておくと
発音を勉強しやすいと思います。

質問した人からのコメント

2014/3/10 22:09:00

抱きしめる ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hagurajakoさん

2014/3/717:23:02

日本の大学で習う中国語は、基本的に大陸式中国語です。

台湾で広く使われている「台湾国語」とほぼ同じものですが、一部の漢字字体が違ったり、発音記号が違ったり、細かい発音が違ったり、一部の表現が違ったりします。が、基本的にコミュニケーションンに支障をきたすほどではなく、ちょうどアメリカ英語とイギリス英語の差程度のものです。

漢字を母語で使う日本人にとっては字体の違いはそれほど苦にはならないとおもいますし、中国語は発音が極めて難しいので、独学で習得するのは困難だと言えますので、たとえ大学の第2外国語でも、教師にがいて練習できる環境のほうがよいかと思います。将来台湾に行ってもほぼそのまま使えますので安心してください。

朝鮮語の方はよくわかりませんが、日本人には比較的学び易い言語と聞いております。私は本格的には勉強してませんが、その昔必要に迫られて独学し、今でも少々のハングルは読めますし話すこともできます。独学するなら朝鮮語のほうがまだものになる可能性が高いかなと思います。とはいっても簡単ではないと思いますのでなめてかからないようにしてください。

wuh********さん

編集あり2014/3/717:22:56

たしかにちょっと違います。

漢字も簡体字と繁体字ですし、発音や使用する語彙も若干違ったりします。

でも所詮、同じ中国語と呼ばれるものです。
大学で教える中国語、台湾でも充分通じます。
大陸と台湾で発音や言い回しなどに若干、なまりや違いがあるとは言いますが、初学者には関係ない話です。
そもそも中国語をある程度知っていないと、中国と台湾で話されている中国語の違いすら、わかるはずがありません。

もちろん独学することもいいですが、本気で中国語をしゃべれるようになりたいと思うなら、中国語を選んだ方がいいです。
教科書に台湾が出てくることは少ないかもしれませんが、すこしでも多く、中国語に触れるべきです。
そしてある程度のレベルに達してから、台湾で使われる繁体字や言い回し、なまりなどをマネしたりするのが、いいんじゃないかなと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる