ここから本文です

生鮮食品にポリリン酸は使われているのでしょうか?

veg********さん

2014/3/919:51:09

生鮮食品にポリリン酸は使われているのでしょうか?

人から聞いた話ですが、現在の加工品はもとより「ほとんどの肉・魚・野菜」などの生鮮品が採れてから流通する前に、主に鮮度を保つためにポリリン酸に浸されているということです。 これは厚生労働省が2004年頃、O-157対策などで使用を許可したということですが、その人の話によるとポリリン酸に浸された生鮮食品は鮮度は長持ちするが、リン過剰によりカリウムが不足、また栄養素(酵素)が破壊され体に入ってからほとんど栄養が吸収されず、カスみないなものを私たちは食している、とのことです。
これは消費者はほとんど知らずにいて、現代病の元になり得るとのことです。
これが本当なら大問題だと思うのですが、この辺をご存じの方はいらっしゃいますか?
よろしくお願いします。

閲覧数:
376
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

deb********さん

2014/3/1010:58:57

生鮮食品をはじめ生物は、
添加されるまでもなくすべてポリリン酸を持っています。

ポリリン酸は殺菌剤・防腐剤としては許可されていないと思います。
食中毒予防に効果をあげるとすればかなりの量を添加したなら、
少しくらいは効果があるかもしれません。
酸なわけですから、酸っぱくなるまで添加すれば良いと思います。
しかし味が変わるようでは添加物としては失格ですね。

この添加物は、結着剤、発色剤、変色防止、粘り気調整、変質防止といった目的で、
使うことができる加工食品は限れれています、
生鮮食品には使われていません。
この人は、生鮮食品と加工食品の区別がつかないのだと思います。

また、リン酸塩を過剰に摂取すると体内でカルシウムの吸収が阻害されるという話が、
この人の中ではポリリン酸に置き換わっていると思います。

そして食品に含まれる酵素は胃腸で分解されるか排泄されてしまうので、
ポリリン酸に関係なく吸収されないです。

最後に、日本の食事はカルシウムが不足しやすいものです。
そこに付け込んで不安を煽り、何か売ろうとする人もいますので、
何か商品を薦められたらご注意ください。

いつも言っていることですが、
自分で料理すれば添加物の摂取は大幅に減らせます。
気になる人は料理上手を目指しましょう。

質問した人からのコメント

2014/3/13 16:58:32

降参 御二方、回答ありがとうございました。
そうですね、聞いたことをすぐ鵜呑みにするのはやめて自分でよく考えたいと思いました。
より詳しく回答いただいたdebuooooさんをベストアンサーとさせていただきます。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

qqm********さん

2014/3/1002:09:23

その情報が、本当なら、スーパーで食品かって、食べている多くの日本人は、死んでいますよ。
質問者が、生きていることが、その情報が、ガセという証拠です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる