バイク4,231閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

エアブリードとか言われる部分ですが、キャブレターに付いていた物と同じ形状を選べば良いと思います。 主にデイトナが販売元の場合は『なし』です。キタコは『あり』ですね。 標準セッティングが出たキットのキャブレターなので、当然セッティングもそれに合わせたジェットを選択するって事らしいです。(汎用キャブレターなので本当かは知りません⇒多分商戦なのでしょうね)。 それと形状の違いは、微妙な流量に出ます。違いは長さと、穴の位置と、穴の数と、穴の大きさ。此れだけの要素でも変わるものですが、ガソリンが気体になり易くする為には細かい霧状になるのが一番ですから、それを促すために試行錯誤したのがエアブリードです。 キャブレターはエンジンからの負圧(吸気管圧力)を利用してガソリンを吸出しますから、負圧の安定しない領域ではダマに成る事が多いです。ガソリンが空気と(酸素と)混ざる事で理想的な混合気に成ります。特にパワー志向で流量も多く調整して、ベンチュリー径やマニホールドも大きくしたキャブレターほど霧化し難くなると思います。まあ、パイロットスクリューで空気の流速は調整できるので、そこまで影響が出るとも思えません。メインジェットのニードルジェット(JNでは無い)やエアブリード(ジェットホルダー)のほうが影響が大きい気がしますがね。 本来、汎用キャブレターなので『大雑把』な妥協セッティングしか出ないのが本音です。殆どの方が体感でセッティングをされる筈ですから、微妙な違いを感じる感性を持っているのか?大きくセッティングが出ないのは、この違いなのか?って事です。PJの選択からエアスクリューを回しても何も変わらない状態なら、エアブリードの影響力より他を疑う事です。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しい回答ありがとうございます。 他の回答者様も回答有難うございました!

お礼日時:2014/4/1 3:16

その他の回答(1件)

0

霧化の性能が違う。 大体の境目は筒なしの方はPE24以下、筒ありはPE26以上。ある方が上位互換なので24以下のPE20とかでも問題なく使える。逆は無理という話だけど、試したことはないなあ。同じもの使うPWKは筒ある方なので、買うならありにしとけばよいかと。