ここから本文です

占有訴権のうち、占有の保全だけ相手の故意過失が要件とされていません。不法行為...

car********さん

2014/3/3115:44:22

占有訴権のうち、占有の保全だけ相手の故意過失が要件とされていません。不法行為に当たらないからという簡単な説明をする教科書もありますが、ぴんときません。詳しい説明をお願いできれば。

閲覧数:
405
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ixg********さん

2014/4/801:09:47

所有の保存の請願に関して、「故意に、あるいは不注意」必要条件は必要がないために作られます。
と 言われていることは言うことができます(記事) それは、「賠償を課すことができる」とどんな場所でも書いたかもしれません。
しかし、これが「賠償」の話になれば、状況は変わるでしょう。
それが生成するので、だけで、1つの、損害賠償請求、得られる、閉鎖し、違法行為を持っている、「台風による強風」はミスター・Bの任意の方法で違法行為と関係のあるかもしれません。
B、氏:
「それは台風のために私の原因ではありません。
したがって、それは知りません。
O予防妨害の->「あなたの場所の木はここで倒れるでしょう!
したがって、落ちないでください!」
例えば、それはある、所有の、および「故意にメンテナンスあるいは不注意の請願を始める時、非常に心配させられたことをそれが意味するので」必要条件にされる?
記事が完全に読まれる場合、理由はこれを理解するべきです?
それが言えば、A氏に打つことができる手段が失われるでしょう。
この理由で、アクションに正しい占有の使用では、必要はどちらも故意に持っていません、および、不注意?
199番目の記事、占有者が占有で妨害されるかもしれない可能性がある場合、賠償の妨害かセキュリティの予防は、所有の保存の請願によって課すことができます。
ミスター・Bの土地の立っている木が台風に伴う強風から下降して壊すX氏の土地の上にある結果およびA氏は使用しています、もたらされました。
氏1つの:
「あなたの場所の倒木をわきに移動させてください」
所有の保存の請願の場合には、占有を閉鎖する「可能性」がある場合、それはそれかもしれません、の「占有はまだ閉鎖されていない」また違法行為を構成してもよい。
ミスター・B:
彼は居住者です、に、X氏の土地に隣に。
それが落ちた場合、賠償が課されるので、準備を行なってください!」
所有のメンテナンスの請願、および所有の回復のスーツを故意にもたらす場合、また、不注意は第1に必要条件かもしれません。
この時に、木が倒れた原因はそうです「風が強い「台風に伴うこと」
ミスター・Bに関しては「故意に」、また、「不注意」はこれを持っているかもしれません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

p_7********さん

2014/4/112:14:34

占有訴権の被告(相手方)については故意または過失はその要件とされていません。
相手方の故意または過失が要件とされるのは、占有訴権の行使によって「損害賠償を請求する場合」についてです。(大判昭9・10・19民集13巻1940頁)

占有保持の訴えや占有回収の訴えを提起する場合、そもそも故意も過失も要件ではありません。
例えば、占有保持の訴えを起こす場合に「故意又は過失」が要件とされてしまうと、非常に困ったことになるからです。

Aさん:Xさんの土地を借りているひと(賃借人、悪意の占有者)
Bさん:Xさんの土地の隣に住人

台風に伴う強風で、Bさんの土地にある立木が倒れてAさんが使用しているXさんの土地の上に横たわる結果となりました。
この時、木が倒れた原因は「台風に伴う強風」です。このことは、Bさんには「故意」も「過失」もありません。
ここで、AさんはBさんに向かって「占有訴権(占有保持の訴え)」を行使するとして、Bさんには故意も過失もないので

Aさん:「あんたの所の倒木をどけてくれ」
Bさん:「台風のせいで俺のせいじゃない。だから知らん。」

と言われると、Aさんには打てる手立てが無くなってしまいます。このため、占有訴権の行使に当たっては故意も過失も必要無いのです。
とはいえ、これが「損害賠償」の話になれば事情は変わってきます。損害賠償請求とはつまり不法行為があったからこそ発生するものなので、「台風による強風」はBさんの不法行為とは何ら関係がありません。よって、Aさんは損害賠償を請求できないこととなります。

占有保全の訴えについては、「故意又は過失」の要件が必要無いとされます。
これは条文をちゃんと読めば、その理由がわかるはずです。

(占有保全の訴え)
第百九十九条 占有者がその占有を妨害されるおそれがあるときは、占有保全の訴えにより、その妨害の予防又は損害賠償の担保を請求することができる。

占有を妨害される「おそれ」があるときは、
○その妨害の予防 → 「あんたの所の木がこっちに倒れてきそうだ!だから倒れてこないようにしろ!」
または
○損害賠償の「担保」を請求 → 「あんたの所の木がこっちに倒れてきそうだ!倒れてきたときには損害賠償を請求するからその用意をしておけ!」

ということを言えるのであって、条文のどこにも「損害賠償を請求できる」とは書いてありません。「カネよこせ」とは言っていないのです。「その用意をしておけ!」と言っているに過ぎないので、相手方の故意または過失は全く必要が無いということになるのです。
占有保全の訴えの場合、「まだ占有は妨害されていない」ので、不法行為を構成することもありません。またまだ損害も発生していないという点にも注意が必要です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる