幸福の科学は信者数が多いのに、幸福実現党は一人も当選しないのはなぜですか。

幸福の科学は信者数が多いのに、幸福実現党は一人も当選しないのはなぜですか。

宗教2,257閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

3

多くの信者(99%)が幸福実現党に賛同していないからです。 これは、神(大川隆法)からの依頼でも信者は投票を拒否しているからです。 どんだけ、信用されていない神なのでしょうね。

3人がナイス!しています

その他の回答(13件)

0

横から失礼 ちょいと、george_gunfu_pcさん。 emissary_from_2chさんのデータは幸福実現党の党員数ですよ。 幸福の科学の信者数じゃないですよ! ↓↓↓

0

emissary_from_2chさん sugee!!そんなデータ、よく持ってましたね。 いや自分、幸福実現党の得票数から推測して、信者数20万人弱と読んでたんですけど… http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1498840229 まさかの一万!? いやこれはマジもんでしょう。 逆に言うと、サクラ人数の20倍も票を取ってたんですね。幸福実現党は。 頑張ってるじゃないですか。 倍率だけでいえば、いいとこサクラの五割増し前後しかとってない創価公明なんて、目じゃないですね。 まあ、一人一人は創価なんかと比べ物にならないほど結果出してんのに、一人も当選してないんですけどね… 一応、回答 幸福信者は平均して創価信者の40倍くらい頑張っているようですが、そもそもの人数が1/100以下だからです。 人数が圧倒的に違うんです。 現実って、非情ですね。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

↓別の創価学会広宣員(工作員)emissary_from_2ch(m29steamlonewolf)が またウソデタラメ言っています。 幸福実現党の党員数=幸福の科学信者数ではありません。 下のusotukifsmshinnjaの回答で言ったとおり政治と宗教はまた別です。 幸福の科学信者数は1300万人以上いる証拠は 下記の幸福の科学の実績を見れば明らかです。 幸福の科学批判者は99%が創価学会広宣部員によるウソ中傷 http://matome.naver.jp/odai/2137278054726658501 幸福の科学の本当のすばらしさ(教義つき) http://matome.naver.jp/odai/2137277884826307801 幸福の科学の実績(新たなすごい実績追加) http://matome.naver.jp/odai/2137279469928345501 ↓の実績は他の宗教団体では絶対達成不可能な実績であることに注意。 幸福の科学信者数は全世界で1300万人以上います。 TV・ラジオも続々放送(国内)! 2013エル・カンターレ祭大講演会の速報レポート http://info.happy-science.jp/2013/9074/ 2013年12月14日(土)、幕張メッセを本会場として、大川隆法総裁の2013年エル・カンターレ祭大講演会「智慧の挑戦」が開催され、 全国・全世界の3,500カ所に衛星中継されました。 当日、本会場の幕張メッセには、約18,000人が集まりました。 放送されたテレビ局 岐阜放送:2013/12/22(日) 21:10-21:45 テレビ和歌山: 2014/1/18(土) 10:00-10:45 びわこ放送: 2014/1/18(土) 16:00-16:45 奈良テレビ: 2014/1/18(土) 11:00-11:45 群馬テレビ: 2014/1/26(日) 16:00-16:45 三重テレビ放送: 2014/1/27(月) 8:00-8:45 放送されたラジオ局 和歌山放送: 2013/12/28(土) 20:00-21:00 FMみやこ(宮古島): 2013/12/28(土) 13:00~14:00 FMいしがき(石垣島): 2013/12/28(土) 16:00~17:00 ラジオ福島: 2013/12/29(日) 20:00-21:00 山梨放送: 2013/12/29(日) 23:00-24:00 西日本放送: 2013/12/29(日) 15:00-16:00 FM三角山(札幌): 2013/12/29(日) 7:00-8:00/21:00-22:00 FMおたる(小樽): 2013/12/29(日) 6:00~7:00 ラジオ日本: 2013/12/30(月) 4:00-5:00 高知放送: 2014/1/4(土) 10:00-11:00 FMJAGA(帯広): 2014/1/4(土) 6:00~7:00 1大川隆法総裁のインド・ネパール講演が 多くのメディアで紹介されました! http://info.happy-science.jp/2011/64/ 講演会に参加したインドジャーナリスト協会のマスコミ関係者は、 「インドのグルを超えている」というコメントを寄せています。 【【【幸福の科学教祖大川隆法総裁は仏陀の生まれ変わりだと インドのマスコミは事実上認定しています】】】 (リンク先のアージ新聞1面を参照) インド・ネパール講演は当日、テレビの生中継が行われるなど、 地元でも大きな注目を集め、新聞やTV、雑誌などメディア計24社が参加。 なかには、スリランカなどのインド国外のメディアの姿もありました。 また、インドの新聞社「アージ新聞」(ヒンディー語紙)、 「サンマルグ新聞」(ヒンディー語紙) 「ヒンドゥスタン・タイムス」(英字紙)、「ザ・テレグラフ」(英字紙)、 「サハラ」(ヒンディー語紙)、「デニックジャグラン」(ヒンディー語紙)、 「プラバットカバル」(ヒンディー語紙)の7紙に掲載されました!!!! 2インド・西ベンガル州の 世界最大級「コルカタ・ブックフェア」出展で 書籍:常勝思考が特別賞受賞 http://info.happy-science.jp/2012/449/ これは、バーラトミトラ、ベンガルエクスプレス、 ハインドアザド、ビジネスエコノミーなどの インドの新聞や雑誌など数多くのマスコミに紹介されました!!!! 3インドで最新刊 『Change your life,Change the World』が話題 ―インド― インドで最近発刊された、 大川隆法総裁著書『Change your life,Change the World』(JAICO刊)が 多数メディアで報道され、注目を集めています。 http://info.happy-science.jp/2012/843/ 約15誌に書評が掲載されました!!!! 4大川総裁のフィリピン・香港説法が大手メディアに掲載されました “Love and spiritual power” は大成功だった ―フィリピン講演― 大川総裁は、欧米的なユーモラスを交えて話す人 ―香港講演― http://info.happy-science.jp/2011/1087/ フィリピン講演では、フィリピンの6紙「HATAW」、「TONITE」、 「MANILA STANDARD TODAY」、「PEOPLE’s JOURNAL」、 「ABANTE」、「TALIBA」に掲載されました!!!! 香港講演では「太陽報」に掲載されました!!!! 香港講演会前日には、 「アジアテレビ(ATV)」のチャンネル「ATV World」(英語放送)にて、 大川隆法総指揮の映画『永遠の法』が上映されるとともに、 翌日講演会の様子も大きく報道されました

2

お答えしまっせ。 1.あんはんは「幸福の科学は信者数が多いのに・・・」テ書いてはりますが、 そもそもここ、ダマされてはります。 おそらく「信者数1400万人」ゆう宣伝を聞いたんですやろケド、 実際の信者数はええとこ1万人だす。 幸福実現党が総務省に提出した党員数を見ると実勢がわかるんですわ。 http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/121130/2160100100.pdf H23年度の党員数「9862人」だす(2ページ目の「員数」を参照)。 2.教祖 兼 実現党総裁の大川隆法は「誇大妄想狂」だす。 俗なコトバでゆうたら「キ●ガイ」、 正確にゆうと「自己愛性人格障害者」なんだす。 「1400万人」ゆう数字も大川隆法の思いつきでゆうた数字だす。 おかげで実現党広報本部長の饗庭直道もマスコミから聞かれて逃げてました。 3.大川隆法が選挙に出る目的は、政権を獲るためやないんだす。その目的は、 ① 世間の注目と賞賛を浴びたいため。 ② ついでに信者を増やしたいため。 要おするに「キ●ガイ」なんだす。 マジメに選挙をやる気がないんだす。 選挙期間中、賛同してくれはった人を「信者にせえ~!」テ上からゆわれて、 わて往生しましたわ~!

2人がナイス!しています

0

マスコミが、これに関しては、これまで「報道すべき情報」を報道していません。 それぞれ候補者が言っている事は、濃淡付けずに、同じく報道すべきだと思います。 社会的常識や倫理に引っ掛かる事は、報道するに吟味や加減は要すると思いますが、選挙において、それが無いなら、同様に扱うべきだと思います。 選挙時に、それで操作しておいて、マスコミの存在が許されるのでしょうか? 在るべき仕事をしない、そしてそれで権力と化しているマスコミは、どこなのか、誰なのか、これからは、しっかり淘汰されるべきだと思います。