ここから本文です

ホームページ制作、サーバーの移管、ドメインの所有者などのトラブルです。 ご意...

kafuさん

2014/5/110:57:19

ホームページ制作、サーバーの移管、ドメインの所有者などのトラブルです。
ご意見お願いいたします。

ホームページ制作、サーバーの移管、ドメインの所有者などのトラブルです。

業務用のホームページの制作を知り合いの方が経営するWEB制作会社にお願いしました。
契約書は交わしませんでした。
制作代金は当初の見積もり通りに前金で全て払いました。
ドメインの所有者は制作会社の登録になっていました

現在、ホームページは公開されて、なんとか商品を販売できる段階まではぎりぎりきています。
商品を販売するために、管理画面から登録などは出来るのですが、販売が終了したものに対して項目を
削除することが自分ではできなかったり(削除のボタンはあるのに出来ない)、販売する商品の写真をUPすることができなかったり、
会員登録して下さったお客様の連絡先などの情報がWEB制作会社でしか確認できなかったりと
問題が起こってきています。
制作に対して修正をを依頼するとびっくりするような値段を伝えられたり、
「最初は安くやってやったから、製作途中の箇所についてはいつ完成になるか分からない」
「最近では制作に不満なら裁判を起こせばいいだろ」とまで言われるようになりました。

サーバーを今の制作会社の物をかりて月額を払っているのですが、さすがに限界で、
制作途中のホームページとドメインを他の制作会社に引っ越したいと伝えたら、
ドメインはあなたの会社のものではないし、製作中のホームページの著作権はあなたのものではないから、
渡せないと言われてしまいました。

こういった場合は、どのように対応すればいいのでしょう??
前金で払った、ホームページの所有者は誰になるのでしょうか??
ドメインの所有者を移すことは出来るのでしょうか??
別の制作会社への引越しは出来るのでしょうか??

よろしくお願いします。

閲覧数:
902
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

min********さん

編集あり2014/5/111:50:46

逆に質問します。
最初に要求した制作内容はどういうものですか?
制作料はいくらですか?
修正を依頼した時の料金はいくらですか?
製作にかかった期間はどれくらいですか?
公開を開始してからの期間はどれくらいですか?

それらによって、考えなければらなない問題が大きく変わってきます。

質問を読んだだけだと、ホームページ製作業者の対応が非常に悪くて、制作されたシステムも非常に低レベルだと思えます。
本当に製作会社なのかどうかも怪しくて、自称プロの素人なんじゃないのか?と思えるくらいです。

しかし、質問はあくまでも貴方からの視点ですから、この質問の内容だけでは、ホームページ製作業者が一方的に悪いかどうか判断できません。
貴方のほうが悪質なクレーマーだという可能性だってあるのです。

「制作途中のホームページとドメインを・・・」とか、「製作中のホームページの著作権は・・・」などと言っている所も、非常に不自然です。
まだ制作中なら機能が完成しておらずテスト段階(=製作会社側からしか操作できない)のは当然だろうし、だけどお客様が会員登録して商品販売しているなら完成して公開しているということだろうし、状況がよく分かりません。

できるだけ具体的に現在の状況を説明してください。
客観的に判断する為の具体的な数字も示してください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mil********さん

2014/5/123:43:57

前に別カテゴリで質問されてましたね。
回答がつかない状態は見ていました。

全ては
「契約書は交わしませんでした。」
に集約されてます。

口頭や印鑑無しでも、明確に意思をもって制作依頼したのならば、法的には契約成立と同等とみなされます。

但し正式な契約書がない限り、その根拠はあまりにも軽いものとなってしまいます。

契約書がない限り、明確な回答は不可能かと思います。
ここで1往復半のQAでは解決は困難です。
あれはどうなっているのか?
これはどのくらいの価格なのか?

知恵袋で質問するには、あまりにも無理でしょ。

こういう輩は、ドメインだけでも自分のものにしてもらってください。
デザイン権は放棄。

ドメインは誰が取得しようが、名義の部分は持ち主の情報にしなければなりません。
comやnetならICANN(ドメインのルールの全てを決める非営利組織)のルール違反。
jpならJPドメインのルール違反となります。
制作会社側に非があるといえます。
こういった事も契約書さえあれば明確になるのですが・・・
ドメインのルールさえきちんと把握していない業者はたくさんいますからね。

最悪、全て放棄しましょう。
別の業者と取引しましょう。
全て一から始めましょう。契約書を取り交わしてくださいね。
はっきり言ってそのほうが近道です。

cia********さん

2014/5/112:10:12

>契約書は交わしませんでした。
>制作代金は当初の見積もり通りに前金で全て払いました。

契約は有効な手段を用いて必ず交わしましょう。ネットであっても店舗は店舗です。これがなければ、現在も交渉中という扱いでは。

>制作に対して修正をを依頼するとびっくりするような値段を伝えられたり

制作会社が作り投げる場合は、ここで利益を上げるのが古くからあるビジネスモデルそのもの。曖昧な契約の上で追加資材に値札を付けるのは儲かりますからね。

>ドメインはあなたの会社のものではないし、製作中のホームページの著作権はあなたのものではないから、渡せないと言われてしまいました

所有権の所在をはっきりさせておくのは契約を結ぶ重要な理由のひとつです。また納期についても曖昧だったのではないでしょうか?ドメインの申請も、あなたの代理人として制作側が取ったのか?すら解らないのであれば完全にお手上げだと思います。

ただし、サイトを一方的に閉鎖されたり、利益の搾取があった場合は訴える事ができると思います。でも通常運転を決め込まれている状況では、訴えても負けるでしょう。

対処:
撤収する。その際にもあなた名義のものを提出させ、全て処理してください。権利放棄だけでは不十分です。契約終了という形を取るのが重要です。

前金について:
ホームページの所有者はあなたです。サーバーが提供するサービスを利用するユーザーとしてですが。2ちゃんねるの管理会社とのトラブルが最近事件として取り上げられたのはご存知でしょうか?我々には敷居が高い場所でも起こりうる事です。

ドメイン:
ドメイン取得の際に誰が登録したかで決まります。あなたの代理で登録したか、制作側が登録したかは契約内容で当然変わります。新車を買う時、親名義か息子名義かというのと同じですね。

引越し:
引越し費用を請求してくるかも。またデータは制作会社が握っています。権利も。丸投げして引越しを頼めばまた失敗する可能性があります。

こういった制作会社は実際多いです。スマホのゲームで搾取する手法と変わりありません。むしろこの方法の真似が浮き彫りになったのが最近のニュースですから。法外な請求をできるのは、作れない人がいるからだけでなく、誰でも作れるほど簡単だから制作会社を名乗る人間が多いのです。真剣に勉強すれば誰でもホームページは個人で持てます。彼らが権利を牛耳れるという事は、あなた個人でしっかり管理しても守る事ができる環境にあるという証拠です。どうでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる