輸入して支払う自国の消費者の関税はどこにいくのですか❓また輸出税がある国とない国というのがあるということは輸出税がある国は輸出時に誰が何処に税金を払うのですか❓ すみません詳しく教え

輸入して支払う自国の消費者の関税はどこにいくのですか❓また輸出税がある国とない国というのがあるということは輸出税がある国は輸出時に誰が何処に税金を払うのですか❓ すみません詳しく教え て頂けますか。

補足

輸入してから企業がその商品を購入した時も関税は発生しますか? また最終的には一般人が購入する金額の時点で関税を払ってる金額になると思うのですがそれは企業が先駆けして買った分のパーセンテージがのるということなのでしょうか? そうすると1割関税で購入して一般販売するともう1割プラス関税みたいなことですよね?

政治、社会問題2,757閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

日本国では、関税は輸入のときに輸入者が国に支払います。これは国の意一般財源になります。 輸出税のある国では、輸出者が、その国へ支払います。 関税は、消費税とは異なり、通関時点でのみ支払ます。輸入された商品を購入したものがさらに上乗せされた関税を支払うことはありません。

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)