英語の長文読解について

英語の長文読解について 慶應義塾大学を志望してるものです 私が志望している学部では結構細かい内容まで突っ込んで出題されていてしかもかなりの速読が必要とされている と過去問をといていて感じました。 対策としてパラグラフリーディングを扱った参考書などを勉強したのですが 設問でだされるような細かな事項まで読み込むということがなかなかできませんでした。 そこで質問なんですが 英文をざっと読んでも細かな部分まで読み込むことができるようになるには どのような勉強や対策をしていけばよいのでしょうか? よろしくお願いします!

補足

回答ありがとうございます orient_orbitさん 申し訳ありません。 今のところ商学部を考えています。 細かいところをついた問題の間違いが多いです 私もだいたいさらっと飛ばすところとじっくり読むところを一応意識してはやっているのですが 細かい部分を見逃してしまいます。 なので”英文をざっと読んでも細かな部分まで読み込むことができるようになるには”という質問をしました よろしかったら読み進め方などを教えていただけませんか?

受験、進学2,707閲覧

ベストアンサー

0

すみませんが、これでは回答しにくいですよ。慶應は学部によって問題が違うのですから、どの学部を受験するのか、間違ってしまう問題はどこなのか、などなど書いた方が、それこそ慶應受験経験者の方や詳しい方が回答しやすいと思います。 ”英文をざっと読んでも細かな部分まで読み込むことができるようになるには”とありますが、ざっと読んでも細かな部分は頭に入りません。ざっと読んで読み捨ててしまうもの、内容を大まかに把握するところ、細かいところまで注意して読むもの、と区別していく必要があります。あと、今の時期は時間を気にせず、精読に励むのがいいと思います。もちろん定期的に測ることは必要ですよ。 パラグラフリーディングはあなたも知る通り、重要です。。。。情報が少ないのでこれ以上回答困難です。すみません。 <続き> 私も今受験生です。浪人ですがね。この前予備校の授業で先生に言われたことを交えて、参考程度にしかならないかもしれませんが回答します。私大専願です…よね?まず、これからの時期赤本病にかかりやすいので気をつけること。慶應の過去問で、とりあえず一度目は制限時間内で解く(辞書を使わずとにかく制限時間に間に合わせる)。すると、自分がどこに時間をかけてしまうのかが分かります。二度目は辞書を使ってじっくり問題をします。この作業を入試本番まで続けてください。時間感覚というのは簡単には身につきません。何度も演習することで、無理やりにでも体に覚えさせるしかないです。もし制限時間の倍の時間、解答に使ってしまっている状態なら、リスニングをしろとのことです。リスニングは話者のスピードについていこうとするので、だんだんと英文を読むスピード、速読力がつきます。慶應の問題が難しいのは、制限時間に対して、問題文の量が多いということです。長文に慣れる、これも一つの課題です。 細かい部分についてですが、これは自分で確認していくしかないと思います。慶應商学部の問題の場合、著者の考えを正しく把握できているか、選択肢の英文も正確に読みこなす必要があります。内容一致問題の取り組み方としては、個々の細かな情報をピックアップするスキャニング、マクロの視点から全体像をつかむスキミングとがありますが、設問によって両方の読み方をする必要があります。まずは設問を見て、全体像を求めている設問なのか、細部を問う設問なのかを見極めてください。短文空所補充問題については、特別難解なものは出ませんが、幅広い文法事項から出題されるので、弱点分野を残さないよう演習を積むこと。 長文空所補充問題については、文章全体の展開を意識して、どのような意味の動詞が入るか思い浮かべてから、選択肢を検討しそれに該当するものを選ぶとよいです。 Z会の存在をご存知でしょうか?9月から演習問題になるのですが、慶應即応コース(EG1)があります。もちろん商学部の即応問題も出題されます。興味があれば一度書店でZ会の案内を見てみてください。量をこなすことも大事なので、受講するのも一つの手です。解説も分かりやすいし、添削指導も丁寧ですよ。^o^

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました! とても参考になりました。 自分が言うのもなんですけど受験がんばりましょう!

お礼日時:2007/9/25 16:51

その他の回答(2件)

0

私が予備校で習ったテクをお教えします!! 1、単語、熟語などの基本的なことを終わらしておくことが第一条件です。 2、そして倍速できる音声機器を買います(i-Podなど)。 3、それに英文(センター試験のリスニング問題の第4問Bの問題など)の音声を入れて、2倍速や3倍速で聞きながら英文を目で追いかけます。そのあと英文を読むと英文がスラスラ読めます。このトレーニング私もして試験に向けて鍛えています!! 一度やってみるといいですよ!!

0

http://www.tokyo-sim.com/の長文読解の講座がおすすめです。 英語の長文読解は受験日までに頭の中にどれだけ英文が蓄積されているのかで決まります。上記の講座で英文の読み方と速読力を身につけて、多くの過去問にあたるのが最良の対策だと思います。パラグラフリーディングよりも英文の読み方と速読力のほうが重要です。