韓国モスポール中のS3バイキングを2017年導入予定..宗主国様のためか?

韓国モスポール中のS3バイキングを2017年導入予定..宗主国様のためか? 韓国海軍は現在P3C/CKオライオンを16機保有しているにもかかわらず、モスポール保管中のP3Cを買わずに、空母艦載型のS3バイキング哨戒機20機を2017年に就役させたいと考えているらしい。 P3Cオライオンは現在生産していないがベトナム等からの引き合いが多いためモスポール機の整備のため、主翼部分の追加生産を決定しているところである。 自衛隊においてもP1哨戒機の配備と調整しながらP3Cの主翼の確保を実施している。韓国も艦載型哨戒機よりも陸地から離陸し足が長いP3Cを導入するのが、整備についても便利でありよいと思うのだが、わざわざ艦載型の哨戒機を導入する必要性はないように考えるのだが、なぜ導入すするのだろう??? 一方宗主国様は現在十分な哨戒能力はもっておらず、尖閣攻撃艦隊の防衛が不可能な状態である。また、空母2隻を建艦中でもあり、艦隊防衛のため艦載型哨戒機の保有配備は必須だと考えるのだが、、。 中韓軍事協力の内容を高めるとの韓国内情報もあるので少し気になりました。

国際情勢2,335閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

他の方も答えてはいますが、韓国は 日本とは相違で、経済水域での面積等は 日本以下です。 日本の場合には 硫黄島等までもありますが 韓国での場合には、南に、約片道800km 等での洋上まで 経済水域等ではありません、 ですので、大型機で、1機あたり 新造時では 約100億円? 等での P-3C 大型機なので 運用面でも 費用でも 大変となります、搭乗勤務での乗員数 職種も相違も多々です。 しかし、艦上機での機種での中での1つ S-3バイキングは、P-3C よりも 小型 運用面でも費用等の抑制が出来ますし 大型機ではない分、大型の専用の格納庫 整備施設等も増設は不要となります。 搭乗での勤務者数も 大幅に削減 となります。人件費等も抑制! 等になります。 ま~多分?導入をしても 最初から 最後まで、低・稼働率! でしょうがね、

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2014/5/9 9:25

その他の回答(1件)

0

〇韓国は洋上遥か彼方まで対潜哨戒を実施する必要はありません。 ◇韓国周辺海域を哨戒するだけならS-3バイキングで十分なんでしょうね。 ◇機載コンピュータの容量が足りなくて地上基地に大型コンピュータを備えた対潜センターを設けなければならない事実を韓国軍はまだ知らないのかな? ◇「安物買いの銭失い。」 ◇日本なら中身の対潜機器だけ導入して機体は独自開発するんじゃないかな?