欠陥美について急ぎの質問です。 本や雑誌、ネットの記事(個人ブログではない方がありがたいです)等で、欠陥美についてまとめてあるものがあれば教えていただきたいです。

欠陥美について急ぎの質問です。 本や雑誌、ネットの記事(個人ブログではない方がありがたいです)等で、欠陥美についてまとめてあるものがあれば教えていただきたいです。

補足

失礼しました。自殺の~という記事を読んでそういう言葉があるものなのかと勘違いしていました。 何かが欠落したものの美、というのが近い表現になると思います。

美術、芸術145閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

まず、現在、過去を通じ、日本語で「欠陥美」という言葉は存在しません。 茶道など、日本美学の分野で「不足の美」「不均衡の美」とよばれるものが、 「侘びの美」の派生語として存在しています。 ネットで検索したところ、「欠陥美」について下の記事がヒットしました。 ◇自殺減らない日本 原因は「欠陥美」の追求? http://j.people.com.cn/94475/7877524.html この「欠陥美」なるものは人民網日本語版の記者or編集者KM氏が 創作した造語と思われますが、おそらく中国の方で、日本文化の素養がなく、 知識的にも論拠としても、はなはだ疑問です。 ちなみに有田焼には侘びのコンセプトはありません…。 「不足の美=侘び」については、弊社ブログにて2回にわたって詳述しました。 http://nobunsha.jp/blog/post_25.html こちらをまずご参照ください。 日本人の侘びと不足を愛する美意識はそもそも禅仏教の生命理論から導かれており、 決して「自殺」と結びつくことはありません。 なお「欠陥美?→不足の美・侘び」についての参考文献として、上のブログでも出典を明記していますが、 現代茶道史研究家の著作であれば (戦国・江戸期の原書は直接読解するのはちと厄介ですので…)、 村井康彦「千利休」、桑田忠親「茶道の歴史」、柳宗悦「茶と美」等、 の作品が、ご質問の参考になろうかと推察します。