ここから本文です

南海トラフ巨大地震の津波、フィリピンで8m! 中国上海で2m! ⇒ 四国を40m...

blu********さん

2014/5/621:37:15

南海トラフ巨大地震の津波、フィリピンで8m! 中国上海で2m!

四国を40m高さの津波が襲うが、
瀬戸内や九州を回り込んだ津波は、想定外の高さで、伊方/玄海/川内/上関の原発を襲うのでは?


伊方/玄海/川内/上関の原発も危ないのでは?




・・・

『南海トラフ地震 アジア各国にも津波到達』2014.5.6. NHK

「南海トラフで起きる地震で、日本周辺の国々にどのくらいの高さの津波が押し寄せるのかを推計した研究がまとまりました。最悪の場合、津波の高さはフィリピンなどで4メートル以上、中国でも2メートル近くになるという結果で、専門家は、国際的な救助や援助の計画も考える必要があると指摘しています。

この研究は、東京大学総合防災情報研究センターの原田智也特任助教が、国の研究プロジェクトの一環で初めて行いました。
駿河湾から九州沖にかけての海底に延びる谷筋「南海トラフ」で、国が想定するマグニチュード9クラスの巨大地震が発生した場合、周辺の国々にどのくらいの津波が押し寄せるのかシミュレーションしました。
最悪の場合、津波は地震発生から3~4時間でフィリピンなど東南アジア各国に到達し、高さは広い範囲で4メートル以上、中には8メートルに達するところもありました。また、津波は九州などを回り込んで中国の沿岸にも到達し、地震発生から9時間後には、上海周辺で高さ1メートルから2メートル近くになるという結果になりました。
東シナ海は海底が浅く津波が弱まるため、中国にはこれまで影響があまりないと考えられてきましたが、川を伝って内陸で浸水するおそれは十分にあるということです。
研究を取りまとめた東京大学の古村孝志教授は「南海トラフで発生する津波の防災対策は、日本だけではなく東アジア全体、太平洋の島々についても一緒に考えることが重要だ」と述べ、警報システムや避難訓練などの対策に加え、国際的な救助や援助の計画も考える必要があると指摘しています。

■津波は各国にどう伝わる
南海トラフでは、陸側のプレートの下に海側のプレートが沈み込んでいて、プレート境界が大きくずれ動くことで津波が発生します。シミュレーションは、南海トラフで大津波が発生する想定として政府の中央防災会議がまとめたマグニチュード9.1の巨大地震のケースで行いました。
津波は地震発生直後に日本の沿岸の広い範囲に押し寄せ、日本の南にも伝わっていきます。津波は海が深いほど速度が速く、水深5000メートルでは時速800キロとジェット機並みの速さで進むため、最悪の場合、▽地震発生から3~4時間でフィリピンに到達し、高さは広い範囲で4メートル以上、ミンダナオ島南部の湾では8メートルにも達します。▽5時間ほどするとインドネシアやパプアニューギニアにも到達し、高さ6メートルに達するところもあるなど各国に影響するという結果になっています。
また、津波は鹿児島県の屋久島と奄美大島の間から東シナ海にも伝わっていきます。東シナ海は水深が100メートルから200メートルと浅い大陸棚が続くため、津波の速度は遅くなり勢いも弱まります。
このため、中国にはフィリピンなどよりも遅いおよそ9時間後になって津波が到達し、上海付近では高さは1メートルから2メートルになるという結果になりました。
東京大学の古村孝志教授は「今回のシミュレーションはあくまでもマグニチュード9.1の最大級の想定に基づいていることに留意する必要がある。ただ、マグニチュード8クラスでも各国に津波が押し寄せることには変わりがなく、過去に南海トラフで起きた地震の規模を明らかにするためにも、各国のデータや文献を集める必要がある」と話しています。

■巨大地震の津波 世界で観測
3年前に東北沖で発生した巨大地震では、世界各地で津波が観測されました。
気象庁やNOAA=アメリカ海洋大気局によりますと、ハワイ州にあるカフルイでは、地震発生からおよそ8時間後に2メートルの津波を観測したほか、カリフォルニア州のクレセントシティでは、およそ11時間後に2メートル47センチの津波を観測しました。さらに、1万7000キロ離れた南米チリのカルデラでは、地震発生からおよそ24時間後に2メートル14センチの津波を観測しました。
一方、日本列島を回り込んで中国やロシアにも津波が到達したほか、人工衛星の観測では南極にも到達し、氷山を崩したことも確認されています。

■中国にも津波
3年前に東北沖で発生した巨大地震では、地震から6時間から8時間後に中国南東部に相次いで津波が押し寄せ、中には50センチ以上の津波も観測されました。
国家海洋局によりますと、観測された津波は、東部・浙江省の舟山市で55センチ、南部・広東省の汕尾市で26センチ、上海市の崇明島で8センチなどとなっています。
この際、中国では、東部地域に1メートル未満の津波が発生するおそれがあるとして、日本の津波注意報に当たる情報を出しました。中国でこうした情報が出されたのは、システムが導入された1983年以来、これが初めてです。」





南海トラフ,マグニチュード,津波,フィリピン,東シナ海,菅元総理,古賀

閲覧数:
3,277
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

drs********さん

編集あり2014/5/1321:13:42

↓福島原発事故は竜巻が多いアメリカ仕様の地下電源のものを、海岸の津波が多い場所に考えなく建設した東電、国の責任です。

津波想定も建設費用削減のため、御用学者を採用して安易な想定で建設しました。


今も避難計画もなく再稼働させようとしている体質こそ問題では。

国民の安全を軽視する東電、電力業界、自民党はまた事故を起こす。


大震災が来る可能性大なのに、原発は再稼働?

浜岡を止めた菅元総理を必死にネガティブキャンペーンして辞任に引きずりこんだ国会や産経のネガティブ記事を思い出します。


復興流用資金を浜岡にあてた自民党
朝生で復興流用を田原総一郎に聞かれた塩崎議員は「あれは民主党から」と発言したのに怒った民主党大塚議員が、ねじれを利用し自民党が復興流用をごり押ししてきたと話していました。塩崎議員はニヤニヤ笑っているだけ。


昨年10月出た省令で、原発事業者は これから事故を起こしても電気料金で払える仕組みが決定

事業者は事故を気にせず再稼働出来る

マスコミは、何も伝えない

YouTube、玉川総研で検索すれば分かりやすく説明しています。

原発を動かせば動かす程、電気料金は高くなるのが実態。

浜岡を止めると英断した菅元総理のほうが、国民のことを考えていたと思います。

対抗勢力潰しに民主党=ダメ政党との印象操作はいまだに盛んですが、国会を見ていて専門家から議員になった政治家の多い民主党に対して自民党は官僚ペーパー読むだけの無能な世襲議員ばかり。

菅元総理の最低不幸社会は、安倍利権まみれ国民無視の政治より良かったはず。

元官僚の古賀さんが朝生で、官僚はすべて菅の責任にしておけば動かなくていいと話していました。
国家戦略室も機能しないように潰したのは、古賀さんを辞めさせた官僚だと。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

早川歩美さん

2014/5/621:48:16

想定とはどのようなものまで考えるのでしょうか?

一重の想定と言っても、様々なものがあります。

地殻津波にはどうやっても対処できませんが、地殻津波が発生しても耐えうるというものを建設するのでしょうか?

想定というのは、今現在わかっている中でどれくらいのエネルギーがそこに発生するかを基にしています。当然、それが変われば想定外ということです。

福島第一原発ですが、あれは原発事故そのものが想定外として設計されているとにかく古い原子炉なのです。現に比較的新しい5号機、6号機は爆発していません。

加えて、世界最大の断層であるサンアンドレアス断層上にアメリカ合衆国カリフォルニア州の原子力発電所はありますが、今も稼働中です。

危機管理は兎に角重要ですが、あまり厳しすぎると杞憂となり、電気代が高騰してしまいます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる