ここから本文です

難病指定されることで生じるメリットとデメリットについて教えてください。

n05********さん

2014/5/1119:27:20

難病指定されることで生じるメリットとデメリットについて教えてください。

閲覧数:
9,189
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rei********さん

2014/5/1211:08:58

メリットは、診療に費関わる経費が安くすむこと、デメリットは就職の時等にそこが壁になることもあるということです。本当は、病気のあるなしは、就職審査では適正配置ということで、情報収集するのだけど、実際は、「難病」=不治の病で、急性期と寛解期を繰り返すため、その都度、仕事を休まれちゃあ困るねえ、という感じです。それと、保険の申請はかならずひっかかります。

質問した人からのコメント

2014/5/18 22:49:35

とても分かりやすく回答してくださり、ありがとうございます。
参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

wak********さん

2014/5/1214:12:52

注意していたただきたいのは、
いわゆる「難病」では、メリットもデメリットもありません。
難病のなかでも国が指定する
「特定疾患」だとその病気に関する医療費は全て公費負担です。
私は間脳下垂体機能低下症という特定疾患です。確かに治療方法はありませんが数種類のホルモン剤の服用と注射で問題なく日常生活がおくれます。ただ一生これが続きますが。
妻も難病の橋本病を患っていますが、こちらは補助は一切ありません。二人とも甲状腺ホルモンの薬を
同量服用してますが、不平等ですよね~。
また、二人とも正社員で働いてます(妻は看護師)し、会社にも伝えてありますが何の問題もありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる