ここから本文です

火災保険の「水災保険」

アバター

ID非公開さん

2014/5/1217:20:28

火災保険の「水災保険」

ギリギリ床上浸水くらい(床下浸水と床上浸水の境くらい)で浸水したとして
いくらくらい保険金が下りるか、もしくはどの程度修復費用がかかるのか
実例があったら教えてください。

保険会社のパンフレットの実例には
「集中豪雨で自宅が床上浸水、152.7万円」とざっくりした例が載ってましたが
これは平均的な金額と言ってよいのでしょうか?

閲覧数:
8,523
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nya********さん

2014/5/1220:47:24

その前に、水災の保険金の支払条件を確認して下さい。

床上浸水になった時、
地盤面から45㎝を超えた時、
損害割合が30%以上になった場合、
等書いてありませんか?

床上浸水にならなければ、他の条件に該当しない限り保険金は支払われません。

損害割合が30%以上というのは土砂崩れでしたら可能性はあると思います。浸水はなくとも土砂が押し寄せてきて損害を受けた時ですね。

保険金が支払われない程度の損害額はいくら位かというと…そのお家によって異なりますので何とも言えません。
泥を吐き出すための費用やクリーニング、消毒代、廃棄物の処理費用になると思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「床上浸水 保険」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ryu********さん

2014/5/1319:03:37

一般的な住宅用火災保険の水災担保であれば
まず「居住部分の床」が基準となります。
※店舗・事務所等の併用住宅の場合は、GLより45㎝を床とみなします。
ほとんどの火災保険の場合、床上浸水にならないと保険の支払い対象になりません。

実際の支払われる額は、平屋建て、2階建てとその面積割合、保険タイプ、床上浸水高さ、保険金額等によって変わりますので何とも・・・。
床上浸水による損害割合が30%未満では保険金額×5%若しくは10%、損害割合30%以上で実損払いのタイプもありますし、床上浸水であれば全て実損払いのタイプもあります。

パンフレットに記載されている支払金額は、あくまでもモデルケースで前提条件(階数・床面積割合・保険金額・床上浸水高さ等)が記載されているはずです。前提条件が違えば支払われる金額も変わります。

s20********さん

2014/5/1219:07:09

床上20センチ冠水しないとアウト

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる