ここから本文です

継電器のレバー目盛の値と動作時間の関係について

bak********さん

2014/5/1223:16:58

継電器のレバー目盛の値と動作時間の関係について

題名の通りです。
どのような関係になっているのでしょうか?

補足すみません過電流継電器です。

閲覧数:
8,616
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sin********さん

2014/5/1310:24:40

過電流継電器(OCR)が限時動作を開始したとき、その動作時間(秒)を調整する装置をタイムレバー(限時整定装置)あるいは略してレバーと言い、誘導円盤形OCRでは、最大値10の場合の特性曲線が銘板表示となっています。
たとえば、その横軸が整定タップ値の5倍(500%)の値の時、レバー10での縦軸での動作時間が5(秒)だとすると、レバーを5にすると動作時間は(5/10)×5=2.5(秒)となります。
静止形では、回路定数を変えることにより、動作感度や時間を変えられるようになっています。
切り替えは通常ロータリースイッチで行い、これがダイヤル形のため「時限ダイヤル」と呼ばれます。

質問した人からのコメント

2014/5/19 10:40:23

ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rin********さん

2014/5/1308:52:41

接点動作するまでの時間調整をします。
誘導円盤形だと分かりやすいですが、数字が大きいと接点が離れ、小さいと近づきます。
静止形では時間ダイアルがこれに当たります。
どちらも保護協調がとれる時間になるよう調整するものです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる