ここから本文です

車の撥水コーティングについてです。 フォルクスワーゲンの車を購入しました。ガ...

gra********さん

2014/5/1510:55:31

車の撥水コーティングについてです。
フォルクスワーゲンの車を購入しました。ガラコなどの市販の撥水コーティング剤は純正ワイパーゴムと相性が良くないとディーラーでアドバイスを受けました。

実際はいかがなものでしょうか?

閲覧数:
761
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

y32********さん

2014/5/1512:53:11

全然大丈夫ですよ。
撥水コーティングを施して、コーティングが取れてきた時に再コーティングする前の下処理の仕方で、次の撥水コーティングの持続期間やワイパーとの相性も変わります。
相性がどうのと言っている方は、この下処理を上手く行っていないのです。

その下処理ですが、セリウムを使った研磨剤で古いコーティング膜や油膜(シリコン)を完全に除去することです。
セリウムはガラスを研磨するのに使うものなので、逆にガラスに傷があると傷の角が取れて滑らかになります。
軽めに絞った濡れウエス(タオル)でガラス面を拭くと一面に均一に水が広がったら、油膜が完全に取れています。
水を弾いて水分が部分的に弾かれ均一に膜を張ったようにならない時は、油膜か古いコーティングが残っています。油膜を完全に除去すれば、ガラスに水を流すと、きれいに一面水の膜が出来ます。
油膜が残ったまま撥水コーティングをすると、油膜の上のコーティングはすぐに剥がれおちてコーティング部と油膜のマンダラ状になります。
その様な状態でワイパーを作動させると、コーティング仕立ては上手く作動しますが、コーティング膜が早い段階で部分的に剥がれおちた状態では、ワーパーがガクガク引っかかるように、ビビりながらワイパーが動くようになってしまいます。

きちんと下処理を施して、撥水コーティングをすればコーティング膜も長持ちしてワイパーの作動もスムーズになります。
ディーラーではそこまできちんとやってくれているかは分りませんね。

質問した人からのコメント

2014/5/22 21:47:40

感謝 ありがとうございます。大変勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pon********さん

2014/5/1511:04:26

普通のワイパーゴムは作動時に水が潤滑剤となりスムーズに動きますが、撥水剤の効いたガラスではゴムが滑らず音が出る事があります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる